2016年07月06日更新
アニメ 名作 映画

涙!感動!友情!希望!素晴しいアニメの世界!新旧とりまぜて名作アニメ映画をご紹介します!【その5】

感動するアニメ映画を集めました。 一般におすすめされているものから、ちょっとマイナーなアニメ映画も取り上げています。

1517
1

絶対に見たい素晴しいアニメ映画まとめ

おすすめアニメ映画まとめてみました。
最近の話題作から過去の名作までどれもおもしろいのばかりです。
なんでアニメの映画はこんなにも良いのだろうか。
時に笑い、時に泣き、時に感動。もっといろんな人に見てもらいたいです。

ほしのこえ

私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。

21世紀の半ば、国連宇宙軍のロボット・パイロットに選ばれ、
宇宙へ飛び立っていった中学生の少女・美加子(武藤寿美)は、
地球に残る同級生の昇(鈴木千尋)と携帯メールで彼女と連絡を取り合うが、
距離が離れるにつれて互いのメールが届く時間も長くなっていく…。
ピュアな恋愛とSF的な要素が奇妙なバランスでミックスしながら、不思議で独特の世界観を醸し出す。
個人制作アニメとしての技術レベルも相当に高いが、それ以上に作り手の熱意そのものが作品の質に大いに貢献しているともいえよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

近未来の宇宙を舞台とした異星人との戦いが出てくるが、根底にあるのは青春時代の淡い恋なんかがテーマであろう。初々しくて切なくて、どこか胸がジーンとくるような作品でもあった。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)
この作品で新海ファンになりました。絵は・・・まあ、デビュー作品なのでね。世界観が大好きです。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

雲のむこう、約束の場所

あの遠い日に僕たちは、かなえられない約束をした。

日本が南北に分断された、もうひとつの戦後の世界。
米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生の沢渡サユリに憧れていた。
彼らの瞳が見つめる先は彼女と、津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された謎の巨大な「塔」。
いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる2人。
ところが中学3年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう。
うやむやのうちに飛行機作りも投げ出され、それぞれ別の道を歩き始めるのだが…。
ノスタルジックで繊細な、夢のような作品です。背景映像の美しさは、ここで改めて繰り返さなくても周知のことでしょう。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)
なにげない風景がいいんですよね。 それが心理描写と絡み合って最高。映像って、こんなに力を持っているのかと再認識させてくれました。 音楽が映像を上回るぐらい良いし。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

秒速5センチメートル

どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか

過去にとらわれた少年は、少女と離れることで未来へ進むべき足を止めてしまう。
記憶に根差す個人の時間(カイロス)と、絶対的に流れる世界の時間(クロノス)の差異の美しさと痛々しさが深い。
主題歌の「One more time, One more chance」は山崎まさよしが1997年に発表した曲だが、
名曲は時を超え、色あせないことを証明している。
情熱的に何度も繰り返されるサビの果てにたどりつく結末を、ほろ苦いハッピーエンドと取るか、鬱なバッドエンドと取るか……。

星を追う子ども

スポンサーリンク

スポンサーリンク

それは、”さよなら”を言うための旅

「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」の新海誠が贈る、本格ジュブナイル・アニメーション!
地下世界アガルタから来たシュンと出会ったアスナ。
心を通わせるも、シュンは姿を消してしまう。
そしてアスナの前に現れたシュンと瓜二つのシン、妻との再会を切望する教師・モリサキ。
それぞれの想いを胸に、3人はアガルタへと向かう─。

合わせて読みたい関連まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者