2016年07月06日更新
映画 名作 監督

サブカル映画コレクション 01【 Jim Jarmusch ジム・ジャームッシュ】特集(その1)

ロックなアメリカの映画監督・脚本家、Jim Jarmusch(ジム・ジャームッシュ)の映画をまとめてみました。

2392
0

Jim Jarmusch ジム・ジャームッシュ

1953年生まれ。
コロンビア大学卒業後、NY大フィルム・スクールに入学。
卒業製作での作品「パーマネント・バケーション」が注目を集める。
1984年の第二作『ストレンジャー・ザン・パラダイス』が、その独特のユーモアと、新鮮な演出で絶賛され、
カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞。ジョン・セイルズとともに「ニューヨーク・インディーズ派」の若手映画監督として注目を浴びる。

作風

彼の作品には派手なアクションや感動、笑いというものはほとんどありません。(ただクスッとさせられるとこをは多々あり)
しかし彼が作り出す独特な世界観や「間」、個性的な人物、そして流れるサウンドやショットは魅力にあふれています。
まさに浸るような映画です。
彼の映画はよく音楽のようだと言われるようですが、まさしくその通りだと思います。
あと個人的には横から歩くシーンを長回しで撮るところが最高です。
できるならいつか僕も撮ってもらいたい。

「パーマネント・バケーション」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1980年製作
彼の大学の卒業制作として製作された作品です。
教授陣からはかなりの酷評だったとか。。。しかしその後、世界中で公開されるようになってしまいました。
この頃から横から歩くシーンを流し撮りする手法は健在です。
なんといっても部屋でのダンスシーンが見物です。
出展:Youtube

Permanent Vacation - Jim Jarmusch

Christopher Parker dance very cool on music of Earl Bostic- Up in Orbit.

「ストレンジャー・ザン・パラダイス」

1984年製作
3人の噛み合ない雰囲気が最高のロードムービーです。
3部作に構成されているこの作品ですが、後半の2つはフィルムが足りず
ヴィム・ヴェンダースに余ったフィルムをもらって撮ったとか。。。
ジム・ジャームッシュの映画の中で僕は1番好きです。

第37回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)
出展:Youtube

JIM JARMUSCH - STRANGER THAN PARADISE ( ストレンジャー・ザン・パラダイス )

ジム・ジャームッシュ(Jim Jarmusch ) ストレンジャー・ザン・パラダイス Stranger Than Paradise (1984) Screamin' Jay Hawkins - I Put A Spell On You.

「ダウン・バイ・ロー」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1986年製作
こちらもロードムービーです。
ラストの分かれ道のシーンはとても素晴らしいです。
あと、ロベルト・ベニーニのキャラクターも大好きです。
出展:Youtube

Roberto Benigni..The Master killing it in Jarmusch's Down by Law

One of my favourite scenes, from one of my favourite movies..'Down By Law' No rights are claimed to this material.

「ミステリー・トレイン」

1989年製作
メンフィスを舞台にしたオムニバス形式の物語です。しかしすこしずつ互いに影響し合っているところはさすがです。
会話のずれ、独特の間の悪さ。他の人が描きたくても描くことができない彼独自の世界観がビシビシ伝わってきます。
個人的には第一部のぎこちない感じが好きです。
サントラもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出展:Youtube

MYSTERY TRAIN - Trailer ( 1989 )

Trailer for Jim Jarmusch's film.

「ナイト・オン・ザ・プラネット」

1991年製作
こちらもオムニバス形式の物語でタクシードライバーと乗客の人間模様を描いています。
ジム・ジャームッシュを語る上ではマストな映画の一つだと思います。
何気ない日常を切り取ったお話なのにそれぞれの街の雰囲気がとても伝わる。
そして淡々と綴る物語はどれもジャームッシュにしかできない世界観。
個人的にはロサンゼルスとパリの話が好きです。
深夜にしっぽりと浸るように観るとおすすめ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者