2016年07月06日更新
駄作 迷作 映画

駄作・珍作・時間のムダ…だけど気になる迷作映画いろいろご紹介します!【その2】

なかには「良い」という人もいるかもしれないが、基本的には万人に“うけない”最低の映画(洋画)14選。お金と時間を無駄にする可能性が高いです。

3373
0

逆に気になる迷作映画いろいろご紹介します!

逆に気になってしかたない、
クソつまらない最低の映画、
『こらぁ!金返せ!!』と言いたくなる、
期待とは裏腹な駄作な映画の方が星の数ほど多いのでしょうね。
それでも皆さんには見て頂きたい映画あつめました!

『親指ウォーズ』

全ての登場人物が人間の親指!

【解説・あらすじ】
親指をキャラクターに見立てた『スター・ウォーズ』の異色パロディ。
表情豊かな親指たちが激しいバトルを展開。劇場公開時タイトルは『親指スター・ウォーズ』。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オリジナルを観ている事が前提でありながら、オリジナルを愛する人には叩かれるであろう、過酷な運命を抱えた作品。
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)
スタッフの頑張りと作品のおもしろさがまったく比例していない。
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)
何をドウ観ていいのか理解に苦しむ作品でした。
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)

『ドラゴンボール・エボリューション』

原作との共通点の方が少ない!

【解説・あらすじ】
世界中に散らばる7つのドラゴンボールを集める旅に出た孫悟空(ジャスティン・チャットウィン)。
その目的は、どんな願いもかなうドラゴンボールを使って世界征服をもくろむ
ピッコロ大魔王(ジェームズ・マースターズ)の野望を阻止するためだった。
旅の途中、悟空はドラゴンボールを探すブルマ(エミー・ロッサム)らと出会い……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なんというか、「お調子者の0点のテスト」は笑ってあげられるけど、「ガリ勉の0点のテスト」は笑っちゃ悪い…みたいな痛さ満載。
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)
人々の記憶から消えることのない歴史に残るような駄作を期待したが、一瞬でストーリーが記憶からなくなる普通のどうでもいいカンフーアクション作品となっている。
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)
この映画の見所?そんなのブルマとチチの巨乳だけです。
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)

『ジョーズ3』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大ヒット映画『ジョーズ』『ジョーズ2』の続編!

【解説・あらすじ】
立体映画として製作されたシリーズ第3弾。
今回は、前作までの主人公ロイ・シャイダーの息子たちの世代に時代が移り、
シーワールドなるテーマパークが登場、その目玉である海底王国にジョーズが迫る。
こんなんでも本家ジョーズを名乗っていいの?
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)
仮にもパニックモノなのに、スピード感が皆無。
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)
映画館で3Dで観たら評価が変わるかもしれないが、普通に観たらこれは駄作。
引用元:www.jtnews.jp(引用元へはこちらから)

『シティーハンター』

【解説・あらすじ】
私立探偵の冴羽僚は日本の大企業家から家出した娘の行方を捜して欲しいという依頼を受ける。
娘を追って豪華客船に乗り込む僚と助手のカオリ。そこを舞台に警察、ギャング団、僚たち、三巴の戦いが繰り広げられる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者