2016年07月06日更新
二日酔い 飲み会 ライフハック

二日酔いに効く食べ物はコレだ!

あ~飲みすぎた…次の日になって後悔する二日酔い。そんな辛い二日酔いに効く食べ物、飲み物をまとめてみましたのでご参考にどうぞ!

15356
0

二日酔いに効く食べ物

柿には他の果物に比して果糖を多く含有しており、これが肝臓の代謝機能を高めると同時に、柿に含まれるカタラーゼという酵素が、同じく生の(甘い)柿に豊富に含まれているビタミンCとともに、アセトアルデヒド(毒)の分解を促進させる効果があると言われている。

引用元:hutukayoi.zouri.jp(引用元へはこちらから)

はちみつ

はちみつには、果物の大半には含まれない果糖の一種が含まれているので、それが頭痛を和らげてくれます。食べ方としては、お酒を飲む前後や翌朝にスプーン一杯のはちみつを舐めるだけでオッケー。

引用元:m3q.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:twitter.com
はちみつ

グレープフルーツ

果肉を食べるのも良いんですが、二日酔いというのは水分補給も大切なので、100%グレープフルーツジュースを飲むのがおすすめです。

引用元:m3q.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.ttcbn.net
グレープフルーツ

しじみの味噌汁

しじみに含まれるアミノ酸には、アルコールを分解する酵素を活性化させる作用があり、また、味噌に含まれるレチシンと言う物質にはアルコールが脂肪として蓄積されるのを防ぐ働きがある他、後述するクルクミン(ウコン)の吸収率を高める作用もあると言われている。

引用元:hutukayoi.zouri.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.city.abashiri.hokkaido.jp
しじみの味噌汁

スポンサーリンク

スポンサーリンク

梅干し

梅干しに含まれるピクリン酸には肝臓を活性化させる効果があり、クエン酸と合わせて二日酔いのみならず、乗り物酔いや食中毒にも効果があると言われている。

引用元:hutukayoi.zouri.jp(引用元へはこちらから)

アロエ

アロエの主成分アロエチンには解毒作用があり、肝臓の解毒作用を活性化させる効果がある。また、アロエにはアロエチン以外にもアルコールの分解に必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸の類を多く含み、肝臓の代謝を促進させる作用がある。

引用元:hutukayoi.zouri.jp(引用元へはこちらから)

ゴマ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

セサミンには肝臓がアセトアルデヒドを分解する働きを高める作用があり、ビタミンEとの相乗効果で強烈な抗酸化作用を発生させる。ゴマにはセサミン、ビタミンEともに豊富に含まれており、肝臓に最も良い食べ物

引用元:hutukayoi.zouri.jp(引用元へはこちらから)

アボカド

アボカドには、このグルタチオンや同じく抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれており、飲酒によって大量に失われ、特に二日酔いの時に補給が必要となるビタミンB2も多く含んでいる。

引用元:hutukayoi.zouri.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.kusudama.jp
アボカド

牡蠣

牡蠣にはタウリンという成分が豊富に含まれている。これには肝臓で脂肪代謝を促進させる効果があり、タウリンの他にも、肝臓の働きに必要なグリコーゲン、アミノ酸、各種ビタミン、ミネラルが豊富にかつバランス良く含まれている。

引用元:hutukayoi.zouri.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者