2016年07月06日更新
育児 悩み 食事

子どもがご飯を食べてくれない!5つの改善法を教えちゃいます〜♪

よその子がたくさん食べるのに、我が子が小食で心配で悩む親御さんも少なくないと思います。そこで、試して欲しい5つの改善法を教えちゃいます〜♪

3867
0
お子さんの小食改善のために試したい5つのポイントをご紹介します。

1. 無理に食べさせようとしない

お子さんの健康状態が良好で順調に発育しているならば、多少、少食や偏食があっても、あまり心配はいりません。発達が進むにつれ、安定していくことが多いので、長い目で見守り、対応していきましょう。
引用元:home.tokyo-gas.co.jp(引用元へはこちらから)
「食べるべきなのに、食べようとしない」と誤解してしまうと、食べさせようと追いかけ回すことになってしまいます。
しかし本当は、「体が食べるべきコンディションにないから、食べようとしない」なのです。
引用元:kodomo.jeepfan.net(引用元へはこちらから)
「せっかく料理作ったのに食べてくれない」と無理にぎゅうぎゅう押し込んだり、 「大好きなアイスクリームも、もうあげない!」なんて、捨て台詞をあびせかけるお母さんがいますけど、 無理をしないことが育児の上では大切なんですね。
引用元:www.yellow-pin.jp(引用元へはこちらから)

全部食べられたら褒める!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最初は少量だけ盛って、全部食べられたら褒めてみて
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

2. 食べやすいものをあげましょう

歯や顎、手の発達がまだまだ成長段階である子どもにとっては、硬い食べ物や、食べるのに時間がかかるものが敬遠される場合があります。
もちろん、練習になるので、子どもが挑戦できるようなら見守ってあげてほしいところですが、食が進まない場合には、子どもの発達に応じて、
・肉を切る
・魚をほぐす
・ごはんを小さいおにぎりにする
などの手助けをし、食べやすいものをあげてみましょう。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

3. 環境を整えよう

「みんなで食べると美味しいね」ということを、大人でも経験したことがあるでしょう。子どもも一緒です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なるべく子どもに外遊びをさせ、適度な運動をさせましょう。良く動くと食欲が増します。また食事とオヤツの間隔をあけることも大切です。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
食欲がなくても、
・お友達と一緒に食べる
・食事を囲んで楽しい会話をする
など、楽しい雰囲気を作ることで、子どもの食欲が増すことがあります。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
親としては、子供の感情面に配慮して食事環境を整え、子供がよろこぶ味・匂い・色合いの料理を工夫するなどして食欲を増進させるように心掛けましょう。
引用元:home.tokyo-gas.co.jp(引用元へはこちらから)
テレビやビデオは消し、おもちゃや絵本も見えないようにして、食事に集中できる環境を作りましょう。落ちついた雰囲気のなかで、家族や仲間と食事を楽しむ習慣をつけることが大切です。
引用元:home.tokyo-gas.co.jp(引用元へはこちらから)
体を動かして遊ぶようになると食べる量も少しづつですが増えます。
引用元:komachi.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)

4. お腹をすかせましょう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:googirl.jp
適度な運動をさせましょう〜♪
なるべく子どもに外遊びをさせ、適度な運動をさせましょう。良く動くと食欲が増します。また食事とオヤツの間隔をあけることも大切です。

5. 食事に工夫をしよう

器や盛り付けを変えてみましょう〜♪
食が進まない場合には、子どもの発達に応じて、
・肉を切る
・魚をほぐす
・ごはんを小さいおにぎりにする
などの手助けをし、食べやすいものをあげてみましょう。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
好きなキャラクターのお皿やランチョンマットを用意してみる
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者