2016年07月06日更新
節電 電気代 生活の知恵

知っ得!電気代の7つの節約術!

だれでも簡単にできる節電方法を7つのポイントをまとめてご紹介しています。今日から、節電をちょっと意識するだけで節電に繋がりますので、ぜひ試してみて下さい。

15706
0

なるべく節約したい電気代

電気代の節約術

スポンサーリンク

スポンサーリンク

節電をすることは、地球環境にも自分のお財布にも優しいという一石二鳥なことですが、どうやって? どこから始まるのか?どこの電化商品からすればいいでしょうか?ここで、簡単に7つのポイントをまとめてみました。

1 暖房器具の節電方法

1:蓄熱ファン・ヒーター

出典:ideahack.me
バルミューダの暖房器具 ...
電気蓄熱暖房器とは、電気料金のお得な深夜電力でレンガに熱を蓄え、その熱を日中徐々に放熱します。24時間快適な暖房空間を実現する、オール電化に最適な暖房器です。
1. 輻射暖房ですみずみ暖か、快適

体温が放熱されるときに生じる、壁、床、天井との熱量の差が少ないほど、心地よい暖かさを感じる事ができます。電気蓄熱暖房器はふく射熱により床、壁、天井の表面温度を上げることでお部屋全体をムラなく暖め快適な「心地よい暖房感」を得る事ができます。

2.クリーンで安心
火気を使用しないので、室内の空気を汚さず燃料補給の手間もありません。
24時間暖房により急激な室温変化が少ないため、結露の発生を最小限に抑えることができます。

3. お得な深夜電力でとっても経済的
昼間料金より格安な料金で蓄熱するので、電気代もオトクになります。
※ビークシフト機能(マイコン内蔵型、マイコン外付型)やファン運転予約モード(マイコン内蔵型)が搭載されておりますので、より電気料金を節約することが可能です。

4. 耐久性
燃焼部がないので、故障が少なく耐久性に優れています。

5. 静音性
動力源が電気ですので昼夜を問わず大変静かで快適です。
引用元:www.shouene.com(引用元へはこちらから)
こたつの節電方法 — 寒い冬の強い味方こたつの賢い節電方法

1. こたつ布団と敷布団(ラグ)で温度を逃がさない
こたつ布団と敷布団(ラグ)を敷くことは必須です。
温かい空気が逃げてしまうと、それだけ電力を使うことになってしまいます。どんなに節電効果の高いこたつを使っても効果が半減してしまいます。保温効果の高い敷布団とこたつ布団を使い、温かい空気を逃がさないように努めましょう。

2. 保温マットを使い、設定温度を下げる
敷布団の下に保温マットを敷くと効果大です。ネットでも安価で簡単に購入できます。とてもおすすめです!

3. 省エネこたつを購入する
消費電力を抑えた省エネタイプのこたつも登場。「フラットヒータータイプ」「カーボンヒータータイプ」「人感センサーつきタイプ」などが発売されています。
引用元:www.taiyoukouhatsuden1.jp(引用元へはこちらから)
家族がと一緒に暮らす方は、大人数で使うだけでも節電になります。家族が同じ部屋で一緒に居ればそれだけ節電にもなりますし、家族の会話も増える。まさに一石二鳥です。
引用元:www.taiyoukouhatsuden1.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2:エアコン

エアコンの光熱費は暖房器具の中で一番安い
東京電力によるとエアコンは暖房器具のなかで最も低コストとしているとか平成24年9月1日から料金値上げで変わった可能性があります。東京電力:http://www.tepco.co.jp/index-j.html

※最近のエアコンに限る※原発事故前のデーター
引用元:www.tepco.co.jp(引用元へはこちらから)
エアコン対策ダイキンが節電術を紹介
引用元:www.daikin.co.jp(引用元へはこちらから)

3:電気カーペット

電気カーペットの節電、省エネ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Q:『ホットカーペット用ではないカーペットを、ホットカーペットカバーとして使ってはいけないでしょうか』

A:結論から申し上げて、耐熱加工されていないカーペットを、ホットカーペットのカバーに使うことは、お勧めできません
ホットカーペット本体の、発熱体の表面温度は約40℃程度まで上がるように設計されています
そのため、本体に直接接するホットカーペットカバーの裏面は、60~80℃の温度に耐えられるように、耐熱加工が施されています
耐熱加工されていないカーペットを、ホットカーペットカバーの代わりに使いますと、表面と裏面を貼りつけている糊(ラテックス)が熱で溶け出し、変形や変色、カーペットの劣化のおそれが有ります
引用元:mbp-kanagawa.com(引用元へはこちらから)
ホットカーペットは、かなりの電力を消費しますので、サイズは小さめをお勧めします
一日の使用時間にもよりますが、大きさが一畳違うだけで、ワンシーズンの電気料金が
数千円単位で違ってきます
半分だけ電源を入れられるタイプでしたら、一人の時には半分だけ使用するようにしましょう
引用元:mbp-kanagawa.com(引用元へはこちらから)

4:コタツ

こたつの節電。消費電力を4割抑える3つの方法
1. こたつ布団と敷布団(ラグ)で温度を逃がさない
こたつ布団と敷布団(ラグ)を敷くことは必須です。
温かい空気が逃げてしまうと、それだけ電力を使うことになってしまいます。どんなに節電効果の高いこたつを使っても効果が半減してしまいます。保温効果の高い敷布団とこたつ布団を使い、温かい空気を逃がさないように努めましょう。

2. 保温マットを使い、設定温度を下げる
敷布団の下に保温マットを敷くと効果大です。ネットでも安価で簡単に購入できます。とてもおすすめです!

3. 省エネこたつを購入する
消費電力を抑えた省エネタイプのこたつも登場。「フラットヒータータイプ」「カーボンヒータータイプ」「人感センサーつきタイプ」などが発売されています。
引用元:www.taiyoukouhatsuden1.jp(引用元へはこちらから)

2 照明器具の節電方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者