2016年07月06日更新
Wi-Fi 危険 ライフハック

無料だけど危険もいっぱい!公衆無線LANが危ない理由

外出先(飲食店や宿泊施設、公共施設など)で提供されている、特に無料の無線LANアクセスポイントを使ったネットサーフィン等の行為は、恐ろしい危険が潜んでいます。

11157
0

フリースポットってどんなもの?

フリースポットとは、公衆無線LANの利用を無料で開放しているエリアや場所のこと。「Wi-Fiフリースポット」と呼ばれることもあります。

引用元:enjoy.sso.biglobe.ne.jp(引用元へはこちらから)
このフリースポットの多くは、カフェやファーストフード店、コンビニ、ホテル、駅、空港などで、利用者向けに展開されています。

引用元:enjoy.sso.biglobe.ne.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

... FREESPOT(公衆無線LANスポット

出典:freespot.com
事前に会員登録しておけば利用できる「会員制」、一時的に利用できる「ゲスト」、誰でも自由に利用できる「フリー」と利用形態は3パターン。会員制やゲストはカフェなどで、フリーはホテルや公共の場で用いられることが多いようです。

引用元:enjoy.sso.biglobe.ne.jp(引用元へはこちらから)

無防備に無料のWi-Fiアクセスポイントを利用すると一体どんな危険があるの?

通信内容が盗まれてしまう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無線LANは電波を使って情報をやりとりしています。
セキュリティ設定がなされていない無線LANアクセスポイントに接続して通信をしてしまうと、電波が届くところから通信内容を盗み見られる可能性があります。

引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

スマートフォンに入っている情報が危険!

https://latte.la/column/IDやパスワードなどの大事な情報を、悪意のある人に取られて不正利用されてしまったり、ウィルスに感染させられてしまう被害もあります。

引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

スマートフォンを乗っ取られてしまう可能性もある!

悪意をもった第三者にスマートフォンを乗っ取られてしまい、踏み台として利用され、以前あった事件のように、犯罪予告をインターネットの掲示板に書き込んだりする、と言ったような事をされてしまう可能性もあります。

引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

気を付けること

タダだと思って「Free」や「Public」などの名前の付いた無線LANに接続すると、パソコンへ不正アクセスをされたり、ウィルスを感染させられる可能性がある、という事だけ心にとめておいてください。

引用元:nanapi.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

FreePublicWifiには接続しない

出典:p.nanapi.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者