2016年07月06日更新
マナー 飛行機 旅の知恵

子どもや赤ちゃんが飛行機でグズる原因と対処法

「子どもなんだからうるさくてしょうがないよ〜」と思われたのだとしたら、やはりそれは違うと思っています。周囲に気遣い、最大限の努力をするのは当たり前のことだ。いくつの対処法をご紹介します。

8011
0

子ども連れの親 飛行機のマナーを知っておこう!

子ども連れの親が飛行機でも周囲への気配りを忘れないことがとても大切です。周囲にはずっと楽しみにしていた旅行で飛行機に乗る人、仕事で飛行機に乗る人もいます。子どもや赤ちゃんと一緒に、素敵で快適な空の旅を楽しんでください!

1. 飛行機でも周囲への気配りを忘れない!

1:航空会社のサービスを最大限に利用する
2:お世話しやすい席を事前に予約しておく
3:ちょうど機内でお昼寝の時間になるよう調整する
4:ラムネなどを口に含ませてうまく耳抜きしてあげる
5:事前に用意した“音の出ないおもちゃ”であやしてあげる

引用元:itmama.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「赤ちゃんは泣いてしまうから仕方ない」と思ってしまうかもしれませんが、大勢の乗る乗り物ではできるだけ泣かさないように配慮する事も重要!
引用元:mama.jocee.jp(引用元へはこちらから)

2. 事前に前後左右の席の方にとご挨拶

前後左右の席の方に「ご迷惑をおかけするかもしれませんが・・・」とご挨拶が重要です。
引用元:okwave.jp(引用元へはこちらから)
やはり周囲の人たちに対しては心遣いが必要です。事前に声をかけておく、言い聞かせることの出来る年齢ならきちんとマナーを守らせることなど、親の姿勢が大切です。堅苦しく考えずに、この旅行を子供にとってただの楽しみだけでなく、マナーを学ぶ機会でもあると捉えられればよいのではないでしょうか。
引用元:homepage3.nifty.com(引用元へはこちらから)

3. オムツの交換は座席でしない

たいていの飛行機にはトイレにおむつ交換台がついていますので、面倒でもそちらに行きましょう。ゴミ箱は大抵の場合トイレについていますが念のため確認しておくと安心
引用元:homepage3.nifty.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他に注意するのは「臭い」でしょうか。当たり前のマナーですがオムツの交換は座席でしないこと。たいていの飛行機にはトイレにおむつ交換台がついていますので、面倒でもそちらに行きましょう。全てのトイレについているわけではないので、乗務員に尋ねてください。使用済みオムツはトイレの中のゴミ箱に捨てる場合がほんどですが、これも乗務員に聞いておきましょう。座席で回収する一般ゴミには混ぜないようにします。
引用元:homepage3.nifty.com(引用元へはこちらから)

子供が座席を蹴ってくること

「子供が座席を蹴ってくる場合がある」というものがありました。これは非常に迷惑であると想像できますが、事例が多いところを見ると案外親御さんが気付いていないのでしょうか。前の座席に足が届くお子さんだとかなり手が離れていて目も届かなくなりがち。気を付けたいものです。
引用元:homepage3.nifty.com(引用元へはこちらから)

赤ちゃんは何カ月ごろから飛行機に乗せてもいいの?

数に限りがあるので必ず取れるとは限りませんが、
飛行機には、1才未満の赤ちゃんのために「バシネット」というベビーベッドが用意されています。

事前予約が必要で、航空会社によって年齢や体重に制限があるので要確認を。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新生児が飛行機に乗れるのは大抵各社生後8日以降となっていますが、赤ちゃんでもパスポートやビザがなければ渡航できません
引用元:okwave.jp(引用元へはこちらから)
赤ちゃんの負担が大きいので1ヶ月以降の方がいい
引用元:okwave.jp(引用元へはこちらから)
(生後まもない赤ちゃんの場合は、)離着陸時にかかる心臓への負担が問題
引用元:www.sweetnet.com(引用元へはこちらから)

普段おとなしい子供や赤ちゃんでも、飛行機でグズりやすい原因

親も泣かれるとツライですが、
子供だって慣れない環境でつらいんです
常に「ゴー」という騒音がある▽寒い▽自分の好きな姿勢が取りにくい▽動けない▽大勢の人が狭い空間に閉じ込められている状況の不安-など日常とは異なることがストレスとなっている
引用元:sankei.jp.msn.com(引用元へはこちらから)
気圧の変化で胃や腸の中のガスが膨張し、おなかが張りやすくなる
引用元:sankei.jp.msn.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者