2016年07月06日更新
防災 ライフハック 生活の知恵

【いざという時に役立つ】身近な日用品で、簡単手作り防災グッズ

いつやってくるか分からない災害。いざという時の為に、あるもので出来る、簡単な防災グッズの作り方を覚えておきましょう。

85675
0
画像を拡大

《作り方》
●蓋に画びょうや先の尖ったもので穴を2~3カ所開ける。
●ペットボトルに水を入れ蓋を閉めれば完成。

出典:sonaeru.jp

簡易シャワーに。
少量ずつ使いたい時に便利。
穴の数は用途に合わせてお好みで

画像を拡大

ペットボトル本体に穴を開けて吊り下げる様にすればシャワー代わりになりますね。

出典:toy7.net

懐中電灯に一工夫、明るいランタンの作り方

地震や台風で停電した際、夜中には明かりの確保が必要です。よく用いるのは懐中電灯やLEDライトですが、これらのライトは特定の場所を照らすには優れていますが、周囲や部屋全体を明るくするには適しません。

部屋の照明として用いるには、ランタンやランプが必要ですが、懐中電灯の明かりを反射させることで、同じような効果が期待できます。
引用元:sonaeru.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ペットボトルで光を拡散

懐中電灯の上に水の入ったペットボトルを置くと
光が拡散して明るくなります。

出典:image1-2.tabelog.k-img.com
画像を拡大

《作り方》
懐中電灯やLEDライトの上に、ペットボトルをのせると光が乱反射して周囲が明るくなります。できるだけデコボコやヒダヒダがついたボトルを用いると、効率的に光を散らすことができます。

出典:sonaeru.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゴミ袋カッパの作り方

簡単に作れるゴミ袋カッパ、アウトドアやレジャー時の急な降雨、また大地震発生時の簡易防寒着として活躍します。慣れれば一分で作業完了、手順を覚えておきましょう。

画像を拡大

材料(カッパ一着あたり)

ポリ袋:1枚(今回は45Lサイズ)

道具
ハサミ

出典:sonaeru.jp
出展:Youtube

ポリ袋を切るだけ、ゴミ袋カッパの作り方 [備える.jp]

袋を切るだけで簡単にできるゴミ袋カッパの作り方、詳細はコチラ(http://sonaeru.jp/provision/report/p-21/ )で解説。簡単な割に見た目もしっかりしてい...

このゴミ袋カッパはあくまでも簡易用です。例えば地震に備えて防寒着を用意する際、わざわざゴミ袋を用意しておくというのは本末転倒ですから、最初から100円ショップに売っている雨がっぱや防寒着を用意し、非常持ち出し袋などに入れておくようにしましょう。

引用元:sonaeru.jp(引用元へはこちらから)

合わせて読みたい関連まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者