2016年07月06日更新
帰省 ドライブ 旅の知恵

帰省や長旅の時には必ずチェック!自動車トラブルを避けるための確認ポイント

帰省や長旅などで長時間運転することが多い時期、自動車トラブルも絶えません。 特に寒い冬には、クルマのトラブルも起こりがちです。日頃からどのような部分をチェックしておくべきでしょうか?

6154
0

自動車トラブルを避けるための確認ポイント

帰省や長旅の時には必ずチェック!自動車トラブルを避けるための確認ポイント

画像を拡大

「年末年始にクルマで遠出でも」と思っている方は少なくないと思います。

出典:napplecar.ti-da.net
年末年始にかけて車に乗る機会が増えますが、そんな時に「エンジンがかからない!」「タイヤがパンクしている!」といった車のトラブルは避けたいものです

引用元:www.sekisho-radio.com(引用元へはこちらから)
そういったトラブルを避けるためには、日頃から点検を行なうことが大切です。

引用元:www.sekisho-radio.com(引用元へはこちらから)

年末年始の時期は、バッテリー上がりが最も多い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

バッテリー上がり

出典:item.rakuten.co.jp
最も多い依頼は「バッテリー上がり」。気温が低いとバッテリー液の温度が下がり、バッテリーの能力も低下します。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
昨年の年末年始期間(2013年12月28日~2014年1月5日)にJAFが出動した件数は、8万1245件にのぼる。これは約9.6秒に1件の割合

引用元:irorio.jp(引用元へはこちらから)

チェックしたいポイント

燃料切れ、燃料凍結

高速道路を利用する場合は事前に燃料の残量をチェックし、残量が少ない場合は早めの給油を心がける。また、冬は軽油の凍結にも注意が必要となる。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
比較的温暖な地域で販売されている軽油には、凍結対策がなされていないため、気温が低い場所で長時間駐車した場合などに、流動性が失われ、エンジンがかからなくなることがあるという。凍結を防ぐには、外出先の寒冷地での給油を勧めている。なお、ガソリンは凍結する心配はない。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者