2016年07月06日更新
雑学 ライフハック 旅行

新幹線の自由席に混雑時でも座る方法

お盆、年末年始、そしてゴールデンウィーク。交通機関の混雑は覚悟の上。と思いつつも列車の中で、長時間の立ちっぱなしはつらいもの。昨年のお盆に掲載した記事「混雑する新幹線自由席に座って帰るコツはコレだ!」に書いた、座席確保のコツをここでもう一度おさらいしよう。

22160
0

指定席が取れない人は必見!!混雑する新幹線の自由席に座る方法

画像を拡大

お盆や年末年始・ゴールデンウィークなどは大混雑の新幹線。

出典:noc1818.exblog.jp

帰省・Uターンラッシュのシーズンに役に立つ、新幹線の自由席を確保して快適に移動するコツをご紹介します。

新幹線の自由席とは

まず、自由席とは…

・座席が指定されていない(座れる保証がない)

この点が指定席との大きな差です。
しかし、裏を返せば、大半の列車では、自由席と指定席の差は
座席の指定を受けられるかどうかだけで、座席のグレードに差があるのは
山陽・九州新幹線の車両に限られます。
引用元:siby.sakura.ne.jp(引用元へはこちらから)
また、時間的な制約を受けることもないので、指定席のように
時間を気にしなくてもよいメリットがあります。
ここでは、特に東海道新幹線の自由席の座り方について解説していきます。
引用元:siby.sakura.ne.jp(引用元へはこちらから)

新幹線自由席に座るコツとは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

真ん中の席にもちゅうちょせず座るべし!

運良く乗り込んだら空席がちらほらとある場合。欲が出て「二人並びで座りたい」、「できれば通路側の席に座りたい」などとえり好みをしてはいけません。特に三人並びの真ん中の席は、最後まで空いているのですが、もう少し先の通路側の席が空いてると思い、通り過ぎたりすると、目的の席には荷物などがあり、すでに誰かが確保しているので「座れない!」といったことも。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
この時期は「空いている席を見つけたら、即座るべし!」これが鉄則です。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)

座席数には大きな違いがある。偶数車両が狙い目

例えば東海道新幹線のN700系の場合、普通車の席数は最も少ない車両で63席。最も多い車両は100席と、そもそも座席数に37席もの差があります。東海道新幹線「のぞみ」で普段、自由席となっている1~3号車でも、1号車は65席、2号車は100席、3号車85席とかなりの席数の差が。これは1号車には運転台があり、3号車にはトイレなどの設備があるためですが、この大きな違いを考えずにならんでいる人が多くいます。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

運転台のある1番前と後ろは座席が少なく、またトイレのある車両はその分座席が少ないようです。

そのため、偶数車の方が座席が多いのです。

出典:www.jreast.co.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者