2016年07月06日更新
旅の知恵 ライフハック 雑学

旅のコツ!スーツケースの効率よく服を入れるパッキング方法と注意点は?

旅行のおともに人気のキャリーケース(スーツケース)。通販サイト等見ると、ハードキャリーやソフトキャリー、売っているブランドも種類も豊富ですよね。いざ使う時に荷物の詰め方に戸惑うことはありませんか?圧縮袋を使ったりタオルで巻いたり、畳み方を工夫している人の画像や方法を見て、参考にしてみてください。

12873
0

みんなスーツケースに収めるのに一苦労

キャリーケースに効率良く服を入れるパッキング術

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:mery.jp
オシャレでいたいから減らせない服
旅行先で撮った写真は残ります。だからこそ、服装に失敗は許されません。でも服がかさばらないようにしたいです…。

オシャレかつ最低限にできる服の選び方

上下のコーデで印象が変わるシンプルな服を選ぶ

シンプルなら、組み合わせを変えて着ることができる。
引用元:www.nikkei.com(引用元へはこちらから)

ボトムスを少なくする

服のイメージはトップスの方が強い。
ボトムスが一緒でも、トップスを変えれば印象は変わる。
引用元:travel.searchlight-jp.com(引用元へはこちらから)

下着は泊数分より少なくする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

特に女性のブラジャーなどはかさばってしまう。
旅行先でも洗濯できるので、持っていく数は減らす。
引用元:travel.searchlight-jp.com(引用元へはこちらから)

女性ならワンピースを持っていく

ワンピースなら他の衣類に比べて軽くて場所を取らない。
さらに着回しができるので1枚あるだけで違う。お気に入り詳細を見る
引用元:www.air21.net(引用元へはこちらから)

衣類圧縮袋のワナに気をつける

出典:item.rakuten.co.jp
衣類圧縮袋に頼りすぎると荷物が重くなってしまう

スペースに余裕ができることで、より多く荷物を入れてしまう

欠点はシワになること

スポンサーリンク

スポンサーリンク

圧縮袋を使っても重さ自体は変わらない

パッキング術(1)丸めて入れる

出典:ta-bi.net
服をのり巻きのように巻く
服のたたみ方には2つの流派が存在するみたい。
その名も「クルクル派」と「パタパタ派」(わたしが勝手に名付けました^^;)。

まずクルクル派は、服をのり巻きのようにクルクル巻いていく方法。
ちなみにわたしはクルクル派。シワになりにくくて、ひとつひとつが小さくなるのでちょっとした隙間を埋めるのにも使えます。
引用元:ta-bi.net(引用元へはこちらから)

パッキング術(2)重ねて入れる

服を広げたまま重ね、最後にケースからはみ出た部分だけをたたむ

シワがついてほしくないパンツ類だけ平らに畳んだ状態で重ねる方法もある

出展:Youtube

Packing Method for Weeks of Travel in a Carry-On Suitcase

See http://www.PackingLight.com - Packing Demonstration for Weeks of Travel in a Carry-on Suitcase.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者