2016年07月06日更新
野菜 保存方法 料理

野菜の保存法、大丈夫? 正しく保存して美味しく長持ち!

皆さんは、どのようにして「野菜」を保存していますか?知っているようで意外と知らないのが、野菜の保存方法です。野菜は生きている食品なので、畑で育った状態に近いカタチで保存するのがベストです。まずは、以下におさえておきたい野菜の保存のポイントをご紹介します。

4758
0

「野菜」の保存のポイント

画像を拡大

「野菜」の保存のポイント

出典:belltree-farm.com

野菜を買ったら全て冷蔵庫に入れていませんか?野菜にはそれぞれ適した温度や湿度があります。保存方法を変えるだけで、鮮度や美味しさが変わってきます。

保存方法を変えるだけで鮮度が変わってくる

成長は新鮮な野菜ほど激しく起こります。その成長を防ぐために、ちょっとだけ、手間をかけるだけで鮮度の保ちがずいぶんと変わってきます。

引用元:otoku.pya.jp(引用元へはこちらから)
保存期限についても足の早い野菜や、そのままでも比較的長期可能な野菜など様々です。 種類に合わせた正しい仕方で野菜の保存をすれば、新鮮なまま長持ちします。

引用元:yasai.cug.net(引用元へはこちらから)
野菜全般に言えるのは、温度や湿度などに影響されやすいということで、各々の野菜にあった適温や湿度で保存してあげると比較的長持ちします。

引用元:food.whee-up.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「野菜」の保存のポイント

1.ジッパー付き保存バッグに入れる

野菜の乾燥や酸化を防ぐために、ジッパー付き保存バッグに入れて保存しましょう。ニオイ移りを防ぐ効果もあります。

引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)

2.野菜は育った状態で保存する

野菜は、育った状態と同じようにして保存するのが長持ちさせるコツです。特に葉物野菜は、葉先を上にして立てて収納するようにします。

引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)

3.それぞれの野菜に適した温度で保存する

全ての野菜が冷蔵庫での保存が適しているとは限りません。冷蔵庫での保存、日の当たらない風通しがよい冷暗所での保存のどちらがよいかを確かめて、野菜に適した温度で保存しましょう。冷蔵庫では普通の冷蔵室より温度が高い野菜室での保存がおすすめです。

引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者