2016年07月06日更新
野菜 保存方法 料理

野菜の保存法、大丈夫? 正しく保存して美味しく長持ち!

皆さんは、どのようにして「野菜」を保存していますか?知っているようで意外と知らないのが、野菜の保存方法です。野菜は生きている食品なので、畑で育った状態に近いカタチで保存するのがベストです。まずは、以下におさえておきたい野菜の保存のポイントをご紹介します。

6299
0

「野菜」の保存のポイント

出典:belltree-farm.com
「野菜」の保存のポイント
野菜を買ったら全て冷蔵庫に入れていませんか?野菜にはそれぞれ適した温度や湿度があります。保存方法を変えるだけで、鮮度や美味しさが変わってきます。

保存方法を変えるだけで鮮度が変わってくる

成長は新鮮な野菜ほど激しく起こります。その成長を防ぐために、ちょっとだけ、手間をかけるだけで鮮度の保ちがずいぶんと変わってきます。

引用元:otoku.pya.jp(引用元へはこちらから)
保存期限についても足の早い野菜や、そのままでも比較的長期可能な野菜など様々です。 種類に合わせた正しい仕方で野菜の保存をすれば、新鮮なまま長持ちします。

引用元:yasai.cug.net(引用元へはこちらから)
野菜全般に言えるのは、温度や湿度などに影響されやすいということで、各々の野菜にあった適温や湿度で保存してあげると比較的長持ちします。

引用元:food.whee-up.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「野菜」の保存のポイント

1.ジッパー付き保存バッグに入れる

野菜の乾燥や酸化を防ぐために、ジッパー付き保存バッグに入れて保存しましょう。ニオイ移りを防ぐ効果もあります。

引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)

2.野菜は育った状態で保存する

野菜は、育った状態と同じようにして保存するのが長持ちさせるコツです。特に葉物野菜は、葉先を上にして立てて収納するようにします。

引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)

3.それぞれの野菜に適した温度で保存する

全ての野菜が冷蔵庫での保存が適しているとは限りません。冷蔵庫での保存、日の当たらない風通しがよい冷暗所での保存のどちらがよいかを確かめて、野菜に適した温度で保存しましょう。冷蔵庫では普通の冷蔵室より温度が高い野菜室での保存がおすすめです。

引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「野菜」の保存方法

キャベツ

出典:kateisaiennkotu.com
れているキャベツは日持ちしないので、少しずつ使うのであれば、丸ごとのキャベツを買うと良いでしょう。
外から剥いていく方法(簡単)

簡単な方法として、丸ごとのキャベツを1枚ずつ外からむいていく方法があります。
1枚ずつむいていきくと、芯が出っ張るので、出っ張ったところは切り落としていきます。

引用元:bluesnap.jp(引用元へはこちらから)
芯を繰り抜く方法

丸ごとのキャベツの芯をくり抜いて、そこに湿らせたキッチンペーパーを詰めて冷蔵庫で保存。
このとき、芯を下にするのがコツです。
また、詰めたキッチンペーパーが乾かないように、時々湿らせてあげましょう。
引用元:bluesnap.jp(引用元へはこちらから)
カットされたキャベツ

カットされたキャベツはラップをして冷蔵庫で保存します。
カットされたものは、早めに使いきりましょう。
引用元:bluesnap.jp(引用元へはこちらから)
使いたい形にカットしたあと、水に漬けて、そのあと水分を切り、冷凍庫で保存することができます。

引用元:bluesnap.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

レタス

出典:blog.livedoor.jp
日持ちが悪く、鮮度が落ちると苦味が強くなるので、なるべく早く使い切りましょう。
余分な水分があると傷みやすいので、保存する場合は、水気をよく切り、ビニール袋に入れるかラップに包んで冷蔵庫で保存します。
引用元:www.kewpie.co.jp(引用元へはこちらから)
芯に水を含ませたキッチンペーパーを当てるなど芯だけ濡らした状態で保存すると長持ちします。
一度に使い切らない場合は外側から葉をはがして使いましょう。
引用元:www.kewpie.co.jp(引用元へはこちらから)
冷凍する場合は、洗って水気をよく切り、適当な大きさにちぎったものをポリ袋に入れ、保存します。冷凍したレタスは生食には向きませんが、炒め物やスープなどの加熱調理にはそのまま使え、便利です。
引用元:www.kewpie.co.jp(引用元へはこちらから)

白菜

出典:www.ishii-seed.co.jp
冬の白菜は冷蔵庫を使わなくても長く保存できます。
新聞紙で包んで、冷暗所(5~10度くらいが適温)に立てかけておくだけで、2週間くらい保存可能(保存条件にもよりますが)。
引用元:bluesnap.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者