2016年07月06日更新
手帳 ライフハック アイデア

デキる人が実践してる手帳の活用法

手帳と聞くと、アナログな物を思い浮かべる人が多いと思います。実際に、デジタルのスケジュール帳・スケジュール管理ツールを使っている人も増えました。しかし、アナログの手帳・スケジュール帳ならではのメリットはたくさんあります。 文字の大きさや色など、手書きだからこその工夫ポイントがあります。

25822
0

真似してみよう!デキる人が実践してる手帳の活用法

出典:sozai-good.com
デキる人が実践してる手帳の活用法
デキる人が実践している手帳の使い方をまとめてみました。

手帳をうまく使うと便利になる?

出典:pro.foto.ne.jp
多くの女性は手帳を使用していますが、中には手間がかかるため使っていない人もいますよね。また、毎年新しいものを買っても、気づいたら使っていないという人も多いそうです。
そこで、まずは手帳を使うとどうして便利になるのかを確認していきましょう。意外と知られていないですが、手帳を活用していくことには大きな魅力とメリットが隠れていましたよ!

手帳のメリットは書くこと?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手間がかかる手帳をわざわざ使うメリットとは何でしょうか?予定は全て覚えられるし、カレンダーやメモに残しておけば何も困らないという人も多いそうです。非効率的な手帳にはどんなメリットがあるのか気になりますよね。

引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)
日記を使っている人にメリットを聞くと、情報が整理できるのが便利だそうです。しかし、手帳ではなくてもそれくらいはできてしまうので、いまいちピンとこないこともありますよね。

実は、手帳のメリットは「書く」ことだといわれています。限られたスペースに、分かりやすく記入することが役に立つそうです。要点はなにか、重要なポイントはどこかを一瞬で判断するトレーニングになりますよ。
引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)
また、見返したときに分かりやすくするための工夫も、自分で考えていくそうです。つまり、単にスケジュール管理をしているだけではありません。効率よく物事を進めていくノウハウを学ぶことができると考えられているのです。手帳は毎日書き込むこともあるため、自然とこうしたノウハウを練習し実践しているみたいですよ。


引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)
出典:wol.nikkeibp.co.jp
毎日、手帳を開くのが楽しくなるような、自分だけの手帳をつけて行きたいですよね。

手帳の便利な使い方を大公開!

仕事では細かく使うと便利

社会人にとって必須だといわれることが多いのが手帳です。仕事の手順やスケジュールの管理など、残すものが多いため重宝しますよね。ただ、普通に使っているだけでは、手帳を活かしているとはいえないそうですよ。

引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)
手帳を仕事で活かすには、細かいスケジュールを書き込むことが重要だといわれています。月ごとではなく1日ごとの手帳を使って、その日のスケジュールを細かく管理するそうです。何時にどんな仕事を行うのか、何時までに終わらせるのかをしっかり予定しておきます。作業効率も上がり、やり逃しを防ぐことができるようになるそうです。

引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

また、その日にどんな仕事ができなかったかも記載しておきます。理由も併せて記入しておくと、便利だそうです。その仕事にかかる時間やイレギュラーな仕事を、今後どのように見積もっていくかの指針になります。仕事がデキる女性には手帳は欠かせないですよ。

引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)

マンスリーとウィークリーのどちらをメインに使うかを決める

出典:www.hoiku-biz.com
メインとサブに同じ内容は書かない!
マンスリーとウイークリーのどちらをメインに使うのかを自分のスタイルによって決めましょう。
使っていない方を「サブ」として、メインとは別の内容を書くのがポイント!
記入内容や活用方法のルール決めを先ずはじめにしっかりと決めておかないと、書きたい情報があるのにどこに書けばいいのかわからず後になって「あれ、どこに書いたっけ?」と手帳の中で迷子になる

引用元:blog.ladypop.jp(引用元へはこちらから)
仕事でのスケジュール確認の際、プライベートの予定を見られると気まずいもの。オンとオフで記入するページを分けてしまいましょう

引用元:www.jmam.co.jp(引用元へはこちらから)
メインに仕事の予定を書くなら、サブにはプライベートの予定を。
メインに仕事とプライベート両方の予定を書く使い方なら、サブは体重や食べた物、使ったお金などの記録に使って
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

せっかくだから両方を使いたい。
「仕事で会議や打ち合わせ、出張などの予定が多い人はウイークリーで仕事の予定を管理し、マンスリーにはプライベートの予定を」
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

肌身離さず持ち歩き何かあったらすぐ書き込む

手帳においても三日坊主になってしまう人が非常に多くいます。手帳はおおむね1月から使い始めるもので、1月は普段よりも強く手帳を意識して予定などを書き込むのですが、2月、3月と月日が経つにつれて徐々に手帳を開く頻度が減り、記入するのも減るということがあります。これでは意味がありません。スケジュールの書き方は「すぐ書き込む」のがコツです。

引用元:careerpark.jp(引用元へはこちらから)

付箋を上手に活用すれば効率よく確認できる!

手帳の効率の良い活用法に決まりはありません。あなたの使いやすいように使うというのが一番効率の良い活用法なのです。
その際に、付箋などのポストイットなどを活用すると便利に使えます。
引用元:careerpark.jp(引用元へはこちらから)
アイデアはポストイットに書き込み、それを手帳に貼りつけるようすれば使いやすいですし、効率も良いです。
この活用法で手帳に、アイデアをどんどん書き込めるわけです。
引用元:careerpark.jp(引用元へはこちらから)

効率よく使うために手帳は何度も見直すべし!

手帳は書くだけでは終わりではないです。基本的に手帳は確認をするものですので、手帳を何度も見直していく活用法がありますし、すぐ見直す事でその日のスケジュールを効率よく進められます。毎日でも自分で書き込んだ予定などを見て予定を効率よく把握しましょう!
引用元:careerpark.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者