2016年07月06日更新
アメリカ 常識 旅の知恵

アメリカ旅行に行ったときに役立つチップの相場と渡し方

アメリカを旅行する上で、知っておきたい習慣・マナー。アメリカでのチップの渡し方など、チップに関する詳細な情報も。アメリカ旅行の前に、最低現の習慣・マナーをマスターしよう。旅行情報.jpでアメリカ旅行の前に要チェック!

13340
0

チップはいくら払えばいいの?

アメリカでのチップ

アメリカ(米国)では、チップ(心づけ)の習慣がある。初めての海外旅行、初めてでなくとも、チップを「どういう時に渡すべきか」、「チップの額はいくらくらいが妥当か」、そして「どのようなチップを渡すのが良いか」と、チップの習慣のない日本人には悩むところ。極端な話、レストランで食事をしても、支払いの際のチップのことが気になって、ゆったりとくつろいで食事ができないなんてことも。そうならないためにも、アメリカで困らない、チップに関するイロハを説明する。

引用元:www.ryokojoho.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

知っておくべきアメリカのチップ相場

出典:xxxkaigaixxx.blog.fc2.com

チップの意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

チップとは、日本で言う心づけ、サービスを受けた際に、感謝の気持ちで渡すお金のこと。アメリカ合衆国の場合、このチップの習慣があるため、レストランのウェイター・ウェイトレス、ホテルのドアマン、ポーター、タクシーの運転手などは、基本の店・会社からもらう給与は予め低く設定されている。そして、このチップによる収入が、これらの職業につく人たちの、重要な収入の一部分となっていることを、まず理解することが重要だ。つまり、アメリカでは、チップは決して「余禄」ではなく、紛れも無い「基本の収入源」なのである。そのため、「うっかり」でも、チップを渡すのを忘れた、なんてことの無い様、十分注意しよう。その彼の提供するサービスの高・低、客の満足度によって、客の渡すチップの額も上下し、収入に差が出てくる。そのため、彼らもできる限りのサービスを提供しようと努力をする。客として満足のできるサービスを受けた場合は、これらを理解して、気持ちよくちょっと多目にチップを渡すようにしよう。逆に、不満足の場合は、チップを少なめにしても構わないが、できれば、どこが不満足であったかを、伝えてあげるべきかと思う。

引用元:www.ryokojoho.jp(引用元へはこちらから)

1ドル札は常備しておこう

画像を拡大

想像した以上に小額紙幣やコインが出ていく場面に出くわす。この結果、チップ用のお金が足りなくなるということも想定される。

出典:blog.livedoor.jp
ホテル滞在中は特に、チップによく使用する1ドル札を、常に5-10ドル程度用意していた方が良い。財布には入れずに、ズボンのポケットなどに入れておき、そこから出した方がスマートに見え、欧米人もその方が一般的だ。万が一、2ドルを渡そうとして、10ドル札しかない場合、どうしたら良いか。まったく焦る必要はなく、8ドルのお釣りをもらえば良い。このお釣りをもらうのは、まったく普通のことなので、遠慮する必要はなく、「Can I have 8 dollars change, please」(キャン・アイ・ハブ・エイト・ダラーズ・チェンジ・プリーズ、8ドルのお釣りをください)と言えば通じるはず。

引用元:www.ryokojoho.jp(引用元へはこちらから)
ビュッフェ ( バイキング ) レストランの場合は、お店に入るときに支払いをするのでクレジットカードでは払えません。

引用元:korobehashire.blog86.fc2.com(引用元へはこちらから)
ホテル滞在中は特に、チップによく使用する1ドル札を、常に5-10ドル程度用意していた方が良い。

引用元:www.ryokojoho.jp(引用元へはこちらから)

相場額と払い方を知っておこう

ホテルのドアマン$1~2(現金)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者