しつこい訪問セールスをすんなり諦めさせる方法

実際に自宅にやってくる訪問セールスは厄介ですよね。新聞とか、インターネット回線の訪問セールスはよくあります。そんな、対応に困る訪問勧誘の人たちを、トラブルにならないよう諦めさせる、上手な一言をまとめてみました。

34171
0

しつこい「訪問勧誘」を諦めさせる一言

くつろいでいる時間や忙しい時間帯など、こちらの都合おかまいなしにやってくる訪問勧誘や販売員っていますよね。新聞や宗教の勧誘、化粧品の販売や不用品の買い取りなどみなさんのお宅にも1度はやってきたことがあるのではないでしょうか?

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)
出典:www.alsok.co.jp
ある日突然やってくる訪問販売員をみなさんは、どうやって断っていますか?
●考えておきます
●いま忙しくて手が離せない
●家主が留守にしているので…

などの断り方は、その場しのぎでただの時間稼ぎでしかありません残念ながら『忙しいのなら後日来ますね』『考えた結果を聞きにまた来ます』と言われ、またセールスにやってくる確率が高い!

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

共通で使える訪問勧誘を断る方法

居留守をつかう

しつこい営業を撃退する最大の方法は、とにかく相手にしないこと!ドアを開けたら最後、言葉巧みにお得感満載の甘い情報を並べられたり、延々と商品の説明をされたりして断れない雰囲気に持っていかれます…。これを防ぐためには、居留守が最適なのです!

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

外国人のフリをする

最近では、英語を話せる人が増えているので「英語を除いた外国語」でインターホン越しに対応してみましょう。うまくいけば「やっかいな家だ」と思ってもらえるので、2度と来ることはありませんよ
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)
インターホンの脇に「日本語は分かりません」「○○語で話してください」程度のメモ紙を貼っておくと効果的ですよ♪

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

失業中を装う

定職に就いていないとまとまった収入がないので、余計なものを購入するだけの余裕がありませんよね。これは社会に出たことがある人なら誰もが知ることなので失業中を装うことで彼らに「相手にするだけ時間のムダ」だと思わせることができます!

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

営業ですか?と聞く

「インターホン越しに対応して断ろう!」と心がけていても、つい油断してドアを開けることもありますよね。そんなときには、訪問勧誘だと判断した瞬間に「営業ですか?」と尋ねてください。

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)
訪問販売などのトラブルが生じやすい取引形態は、販売者が守らなければいけないルールがあります。その中のひとつに「不実告知」というのがあります。これは虚偽の説明のこと。

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

営業ですか?と聞かれて…
「違います」といえば不実告知の法律違反にあたる!

営業マンの多くは「営業です」と答えます!そうしたら「じゃあ要らないのでお帰りください」と言ってドアを閉めてくださいね。


「営業ではない」と言われた場合には、すぐに追い返すことは難しくなりますが話を聞いているとセールスの方向に流れていくので、そうなったら『先ほど、営業ではないと言いましたよね?不実告知ですよ?特定商取引法違反ですね。』と言うだけで、相手はひるみます。すかさず『お帰りください』と言ってドアを閉めればOKです
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

勧誘別

新聞勧誘

親戚が○○新聞で働いていて、変えられない

引用元:komachi.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)
巨人の熱血ファンだ(読売新聞以外の場合)

引用元:sagisou.sakura.ne.jp(引用元へはこちらから)
新聞はいっさい取らないようにしている

引用元:okwave.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ネットがあるから」などの理由は、わざわざ言わなくていいですね。つけこまれるので。
就職活動のために日経新聞を取っているから、要らない

引用元:sagisou.sakura.ne.jp(引用元へはこちらから)
「仕事上の都合で」でもいいですね。
前に新聞屋と揉めて嫌な思いをしたことがあるので、取りたくない

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

セールス

親戚が同業者なので(何を売りたいのか聞いた後に)

引用元:komachi.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)
「身内へのサービス以上は割引できない」と諦めてくれることが多いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者