2016年07月06日更新
生活の知恵  ライフハック 健康

トランス脂肪酸を含む食品一覧。その身体への悪影響とは?

「マーガリンがバターより健康的」なんて言われたのは今はもう昔の話。 「狂った油」と呼ばれる、トランス脂肪酸を摂取し続けると花粉症やアトピー性皮膚炎にも悪影響!?

10513
0

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物。悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

トランス脂肪酸、ついにアメリカでは2018年までに全面禁止に

画像を拡大

米国でトランス脂肪酸の全廃が決定!

出典:imgcc.naver.jp
【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は16日、食用油などに含まれ、肥満や心臓病との関連が指摘されるトランス脂肪酸を、2018年6月までに食品添加物から全廃すると発表した。

FDAは13年に廃止方針を示して科学的妥当性を検討してきたが、最終的に食品に使う上で「安全とは認められない」と結論づけた。

 食品業界は3年間で代わりの添加物を使うなどの対応が求められる。FDAは「心臓病を減らし、年間数千件の命に関わるような心臓発作を防ぐことができる」とみている。

トランス脂肪酸は、摂取すると動脈硬化などを引き起こすリスクが増すとの研究結果が多く示されている。
引用元:matome.naver.jp(引用元へはこちらから)
トランス脂肪酸は、心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、肥満を発症させやすく、アレルギー疾患を増加させ、胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる可能性があること、母乳を通じた乳児へのトランス脂肪酸の移行が研究等で確認されている。

引用元:matome.naver.jp(引用元へはこちらから)
米食品医薬品局(FDA)は7日、マーガリンなどの加工食品に含まれるトランス脂肪酸の規制に乗り出す方針を明らかにした。心臓病の原因になると指摘されており、「安全ではない」と判断した。

トランス脂肪酸を含む食品の販売はFDAの許可制となり、販売禁止になる食品も出てくる見通しだ。
引用元:matome.naver.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

腐敗の如何はさておき、担当者がいうには日本のマクドの商品にはトランス脂肪酸が含まれているそうだ。(トランス脂肪酸とは、多量に摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれている。また、アメリカでは「食べるプラスチック」と呼ばれることもある)。

引用元:matome.naver.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

『マーガリン』を食べると言うことはプラスティックを食べているのと同じことだ」

出典:livedoor.blogimg.jp
トランス脂肪酸というのは、
そもそも「代替バター」として戦時中に生み出された技術です。

植物油に多く含まれるオレイン酸やリノール酸などのような常温では液体の油に対し、半固体、または固体の油脂を製造する際に用いる加工技術「水素添加」を行うと、分子の柔軟性が失われて常温で石けんのように固まる硬い油ができます。

しかし、そのままではおいしくありません。

そこで水素添加をすべてに施さず、
脂肪酸の二重結合を一部残して柔軟性を持たせることで、
バターのような質感と性質を植物油から生み出すことができるのです。

マーガリンで8%、ショートニングで15%ほどの
トランス脂肪酸が含まれています。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

バターとマーガリンの違い

出典:imgcc.naver.jp

バター:乳脂肪分が80%以上含まれる
    乳脂肪とは牛乳の脂肪分


マーガリン:油脂が80%以上含まれる
      油脂にトランス脂肪酸が含まれる

【子どもの発育への影響】・・・トランス脂肪酸を多く摂取し、魚やナッツなどに含まれる良質な脂(オメガ3脂肪酸)が不足すると、子どもの脳の発育や人格形成に大きなダメージを与えかねないと言われています。


【母乳への影響】・・・ママがトランス脂肪酸を摂取すれば、それは母乳となって分泌されます。
急速に成長している乳児が、母乳から摂取したトランス脂肪酸を自分の細胞膜に使うことで、アレルギーやアトピー体質になりやすくなってしまうようです。

トランス脂肪酸を多く含む食品TOP10

1位 ショートニング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者