2016年07月06日更新
鮮度 保存方法

卵の鮮度をキープできる保存方法とは?

毎日の食卓に欠かせない卵。好きな方も多いですよね。買って来たら、何気なく冷蔵庫のドアポケットに入れていませんか?正しい保存方法で、おいしく頂きたいですよね。

4151
0

冷蔵庫のドアポケットは危険?正しい「卵」の保存方法

画像を拡大

食卓に欠かせない卵。
赤ちゃんからお年寄りまで、みんなを元気にさせてくれます。

出典:www.kusudama.jp

卵は価格の優等生とも言い、物価変動に強い食品として食卓の強い味方です。どんな食材ともよく合い、調理法もバリエーションに富み、子供にも人気の食材なので常備しているご家庭が多いでしょう。その卵を新鮮なままキープするための雑学をご紹介します。

「完全栄養食品」とも呼ばれている卵

画像を拡大

卵は「完全栄養食」と称されるほど、良質なたんぱく質をはじめ、ミネラルやビタミンなど身体にとって必要なあらゆる栄養素がつまっています。

出典:www.chateraise.co.jp
免疫力をアップさせる必須アミノ酸が非常にバランス良く含まれており、風邪の原因菌を殺すリゾチームという成分もありますので、風邪やインフルエンザの予防が期待できます。

引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)
また、最近注目されている「レシチン」という成分は、生活習慣病やアルツハイマー病の予防だけでなく学習能力や記憶力をアップさせる働きや、さらに健康効果だけでなく、美容にもその効果が期待されています。

引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピンとした肌のハリを保つコラーゲンを作る材料にもなっているアミノ酸や、老化の原因となる活性酸素を取り除く作用のあるメチオニン、ビタミンEだけでなく、肌の乾燥や肌荒れに効くビタミンAも含まれています。

引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

卵の鮮度をキープできる保存方法

冷蔵庫に逆さに入れておこう

卵は冷蔵庫で保存しても、常温で保存しても、質に変化はないそうです。
卵は通常、常温で販売されています。買ってきたら冷蔵庫に入れますが、その入れ方にコツがあります。

卵はとがった方を下にして保存しましょう。冷蔵庫のドアポケットに卵入れがある場合が多いですが、そこに買ってきたパックから移し替える場合、安定のためにとがった方を上にしがちです。しかし卵の丸いほうの内側には気室という空洞があり、気室を下にしてしまうと中の空気と卵黄が触れやすくなって細菌が入り込む危険性があります。


引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
他にも、とがった方が殻が固くて割れにくく、また古くなってきて黄身が浮かんできても、気室のおかげで殻に当たらずに済むためという理由もあります。


引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

冷蔵庫のドアポケット(卵ポケット)がNGな理由

画像を拡大

ドアの開閉は、卵に振動が加わってしまいます。
卵を頻繁に出し入れすることもやめましょう。

出典:39.benesse.ne.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者