2016年07月06日更新
睡眠 ライフハック 生活の知恵

短時間でぐっすり睡眠をとる方法

仕事が忙しかったり、予定がいっぱいだったりして睡眠不足に悩んでいませんか?本来しっかり体を休めることは大切ですが、なかなか十分な睡眠時間が確保できない時はあると思います。そんな時は睡眠の質を高めましょう!短時間でも質の良い睡眠のとり方をご紹介します。

14927
0

体内リズムを整える

出典:www.nora-style.com
体内リズムを整える
健康的な短時間睡眠を行うためには、体内リズムを整えることも欠かせない重要なポイントです。

なぜなら、体内リズムを整えることで、日中の時間帯はあなたの脳も覚醒していてより効率的に過ごすことができ、就寝する時間帯になると自然な眠気が促され深い睡眠におちていくことができるようになるからです。
引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)
前の日に寝るのが遅くなっても、毎日決まった時間に起きることで体内のリズムが整ってきます。

昼間眠くなってしまうようなら、5分か10分ほどの仮眠をとるようにしましょう。
引用元:bi-plus.net(引用元へはこちらから)

自分に合っている寝具を使う

ベッドや枕などの寝具に関しては、なによりも「あなたに合っている寝具」を利用することが重要になります。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)
寝具を選ぶ際には、主に次のポイントに気をつけて、専門家に相談しながらあなたに合う寝具を選ぶようにしましょう。


●枕:高さ、素材、形状が重要。寝つきの良さや頭痛などに特に影響がある。
●ベッド・布団:反発力と大きさが重要。腰痛や肩こりなどに特に影響がある。



あなたに合う寝具を利用することで、より質の高い睡眠をとることができ、健康的な短時間睡眠を実現することができます。人生の3分の1〜4分の1を一緒に過ごす寝具ですので、十分に時間とお金をかけて、あなたに合うものを選ぶようにしましょう。
引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

首や目を温める

出典:profile.ne.jp
首や目を温める
血のめぐりをよくすると睡眠が深くなります。気温が高いときでも、首元と目元を温めると効果的です。

首元は血管が多く集まる部位で、温めると全身の血管が拡張し、血のめぐりが良くなります。ちなみに目元も温めると、副交感神経が優位になって体がリラックスモードになり、血のめぐりが良くなるのです。
引用元:itmama.jp(引用元へはこちらから)
出典:profile.ne.jp
ぜひ実践してみてください!

合わせて読みたい関連まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者