2016年07月06日更新
ダイエット 雑学 ライフハック

夜にジムへ行くのはNGだった!夕食後、ダイエットのためにしてはいけない事

普段の生活から夕食後は、注意しなければいけません。ダイエット中は特に気を付けなければなりません。ちょっとした気の緩みが、後で取り返しのつかないことにもなってしまいます。 そこで、夕食を食べた後にしてはいけないダメなことをしていきます。

17365
0

夜にジムへ行くのはNG!?痩せるために夕食後にしてはダメなこと

出典:commons.wikimedia.org
夜にジムへ行くのはNG!?
夕食を食べたあとにしてはいけないNG行為をご紹介します。

夕食の後のつまみ食い

朝昼晩と毎食ごとにダイエットを気にしてカロリーコントロールをしていても、夕食後のちょっとしたスナックが命取りとなります

引用元:next.spotlight-media.jp(引用元へはこちらから)
いくら食事制限をしていても、いくら運動をしていても、その日してきた全ての努力がなかったことになるのです

引用元:cupie.biz(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夕食後、ちょっとしたスナックだからといってつまみ食いをすることは極力さけてください。どうしても口寂しくて何か口にしたいときは、お茶や水を飲むようにしましょう

引用元:next.spotlight-media.jp(引用元へはこちらから)

水をあまり飲まない

出典:info-var.net
を利用して、安全で安心な水 ...
「ゆうべ十分に水を飲まなかった」という場合、朝のむくみは“水太り”から来ているのかもしれません

引用元:cupie.biz(引用元へはこちらから)
きちんと水を飲むことで、体の中に溜まっている余計な水分を体外に排出されます。逆に水を飲まないと、余計な水分を蓄積してしまうことになるのです

引用元:wooris.jp(引用元へはこちらから)
翌朝のむくみを防ぐために、夕方以降もきっちり水分補給して、トイレに行ってから就寝しましょう

引用元:wooris.jp(引用元へはこちらから)

アルコールを飲む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アルコールを飲んで眠ると眠りが浅くなる、とよくいいますが、それは、アルコールの中枢神経抑制作用によるものです

引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
アルコールを飲むと興奮するように感じますが、実は神経系はオフの状態になります。そのため、寝付きはたしかに良いと感じるでしょう

引用元:next.spotlight-media.jp(引用元へはこちらから)
しかし、アルコールの抑制作用は、短時間ですぐに抑制が解除されます。解除後は興奮にアクセルがかかり、眠りが浅くなります

引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)

寝る前の重い夜食

夕食が遅くなってしまい、睡眠前に食べなくてはいけない場合は、重いものは絶対に避けてください

引用元:cupie.biz(引用元へはこちらから)
消化しにくく胃にも負担がかかります。どうしても夜遅い食事をするときには、野菜スープのようなカロリーの少ないメニューにしましょう

引用元:next.spotlight-media.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

間違っても、チーズたっぷりのピザやパスタ、ラーメン、アイスクリームなどは食べないようにしましょう

引用元:news.nicovideo.jp(引用元へはこちらから)

体を動かさない

「家に帰ったらソファから動かないで体を休ませる」という方も多いかと思います

引用元:news.infoseek.co.jp(引用元へはこちらから)
でも、体を動かさないのは、休んでいるつもりでもかえって逆効果。血液と酸素の循環が悪くなって、翌朝の顔も体もむくみやすくなるそうです

引用元:news.infoseek.co.jp(引用元へはこちらから)
就寝前に軽くエクササイズすることで、ぐっすり眠ることもできますし、翌朝は顔も心もすっきりさせられるのです

引用元:next.spotlight-media.jp(引用元へはこちらから)

ジムに通う

残業後などの遅い時間に行う激しい運動はかえって睡眠を妨げるのでNGな習慣。
引用元:cupie.biz(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者