2016年07月06日更新
冷蔵庫 調味料 保存方法

冷蔵庫に入れる?常温保存する?意外と知らない調味料の正しい保存方法

見た目や匂いでは判断がつきにくい調味料の劣化。しかしよく考えてみると、調味料の多くは毎日のように口に入るもの。そこで、基本の調味料の正しい保管方法と開封後の賞味期限について、あらためて調べてみた。

20226
0

意外に知らない調味料の正しい保存方法

キッチンに常備されている調味料の正しい保管方法についてご紹介します。

しまう時は、質を保つためにも、表面を平にしてしまいましょう

引用元:muryou-kakeibo.drwallet.jp(引用元へはこちらから)

醤油

プラスチックボトルや瓶で販売されているしょうゆだが、詰め替え用の容器に少量ずつ移し替えて使用するのがベスト。
引用元:www.chintai.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

しょうゆは頻繁に空気に晒されることで酸化が進み、色や香り、風味が落ちてしまう。冷暗所でも構わないが、できれば冷蔵庫での保管が望ましい。
引用元:www.chintai.net(引用元へはこちらから)

ソース

画像を拡大

写真で見る関東関西の違い

出典:www.touzai-bunka.com
家庭で使われている国内メーカーの一般的なソースは、大きく分けて3種類。その違いは含まれる野菜や果実の成分量で、ウスター、中濃、とんかつの順で成分量が増え、甘みも増していく。開封後の賞味期限は、ウスターが約3カ月、中濃、とんかつが約2カ月。保管は冷暗所でも可能だが、温度差のない冷蔵庫がより望ましい。
引用元:www.chintai.net(引用元へはこちらから)
ソースのパッケージを見れば、特に「要冷蔵」などとは記されていない。しかし、ブルドックソースが発行する冊子『ソースのおはなし』には、「開栓した後のソースは、冷蔵庫での保存が最適。特に夏は必ず冷蔵庫に入れてください」と明記されている。同社に問い合わせると、次のような回答があった。


「開栓前は冷蔵の必要はありませんが、開栓後は風味が飛んでしまうので、ウスター、中濃、とんかつソースを問わず、冷蔵庫での保管をおすすめしています」(ブルドックソースの広報)
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)

味噌

味噌は、だしの入った加工味噌や減塩でない限り
腐ることはありません。
常温保存でもカビさえ生えなければ
食べることができます。
引用元:xn--ruqt3z0li9lh.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者