2016年07月06日更新
便利グッズ 旅行 雑学

高速バスで快適に過ごすには?便利グッズも紹介!

夜行バスの魅力といえば格安の料金。しかし数時間も同じ体勢で移動するとどうしても疲れてしまい、翌日の観光にも影響してしまいます。そんな高速バスでの移動を快適にするコツをまとめました。

17790
0

バスでの長距離移動は疲れる。。。

そんな高速バスでの移動を快適にするコツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:travel.rakuten.co.jp
予定が決まればまずは早めの座席確保

戦いは『座席選び』から始まっている

深夜バスは予約する時に、その座席を指定する事ができます。
その際、座席が2つくっついた4列シートと、1席づつ独立する3列シートがあった場合、3列の方が楽な事は言うまでもありません。
まずは自分に合ったポジションをいち早く確保しましょう。
引用元:topicsfaro.com(引用元へはこちらから)
窓側は落ち着きやすいポジションで、遮光カーテンで外が見えない夜行バスでも外の風景が楽しめるメリットがあります。
一方通路側は、通路に足を伸ばすことが出来るので、少しは楽になる。また休憩ごとに隣の人に気兼ねなく、外に出る事ができるというメリットがあります。

寝てしまえればどちらでも構わないのですが、常連ほど『通路側』を選ぶ傾向にあります。

引用元:topicsfaro.com(引用元へはこちらから)

荷物は分けておく

家を出る前に、荷物をある程度分けておくと慌てずに済みます。
分け方は、①座席下のトランクに入れるもの、②座席上の網棚に載せるもの、③ドリンクホルダーやフックに掛けておくものの3つです。

①座席下のトランクに入れるもの
日帰りだったらそこまで荷物は多くないかもしれませんが、泊まりだったりする場合の一番大きな荷物です。
着替えだったり、ヘアアイロンだったり、バスに乗ってる間に使わないものは全部こっちに入れておきます。
逆に必要なものは出しておかないと後で大変です。

②座席上の網棚に載せるもの
普段使いのメインのかばんをこっちにしてます。手帳や折り畳み傘、キャリーを使わない時は着替えなど。
チャックとかで口が閉まるタイプのほうが上げ下ろしするときに中身が出たりせずに安心です。
貴重品(特に財布)はここには入れておきません。

③ドリンクホルダーやフックに掛けておくもの
この荷物が一番ポイントです。ランチトートなど小さめのバッグを使っています。
私が入れておくものはこんな感じ。

引用元:topazos1129.blog.fc2.com(引用元へはこちらから)

自分に合う席を選ぶ

・酔いが心配な場合、前や後ろより、真ん中あたりの席のほうが揺れにくい
・トイレが心配な場合は、階段に近い席を選ぶなど、心配事を減らせる席を選ぶと精神的にも快適
・窓側は落ち着きやすいポジションで、遮光カーテンで外が見えない夜行バスでも外の風景が楽しめるメリット
・一方通路側は、通路に足を伸ばすことが出来るので、少しは楽になる
・トータルで考えると、夜行バスの場合は、眠りやすい「窓側の真ん中へん」がいい
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ストレッチで血流改善

座席に座っているだけなのに「疲れ」を感じるのは、血流が悪くなり、老廃物が溜まった事により起こる『コリ』が原因です。
その為、休憩時間では、可能な限り車外へ出て、凝り固まった体をほぐす事が必要になります。

座ったままできるストレッチとしては、以下の方法をマメに繰り返しましょう。

ふくらはぎの筋肉を意識したつま先立ち。
足を浮かせた状態で、足首を回すストレッチ。
足の指でグー・パーを繰り返す。
とにかく、こまめに足を動かすだけで翌日の疲労に差が出てきます。

引用元:topicsfaro.com(引用元へはこちらから)

リクライニングはしっかり使う

周りを見ていると、遠慮してなかなか全開に倒さない人が多い。ですが、やはり、全開に倒したほうが負担が少なくなります。後ろの人への声がけをして、マナーを守ればお互い様だと思いますので次の日に大事な予定がある場合などは、しっかり倒した方がいい
引用元:www.kagua.biz(引用元へはこちらから)
出典:www.kintetsu-bus.co.jp
リクライニングはしっかり使う

靴をぬぐ

靴のまま、いつも車に乗っているような体制でいると翌朝はかなり辛いです。靴を脱ぐという、ちょっとしたことをするだけでとても快適に過ごせます。また時々足の指を広げてみたり、足を動かしてみることも大切です。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

靴を脱ぐ

靴を脱ぐだけでもリラックスできますし、足を締め付けないので血流を良くすることが出来ます。

引用元:topicsfaro.com(引用元へはこちらから)

荷物をフットレスト代わりに使用する

フットレスト付きの車両も多くあるものの、フットレストがない車両もあります。その際には、持参したカバンをフットレスト代わりに使用すると快適に移動できる
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

アイマスク・耳栓・マスクを使う

・アイマスク:快眠のためのグッズとして一番初めに思いつくのは、アイマスク。ひとつ用意しておくと便利
・耳栓:夜行バスが走行している限り、音は絶対に発生しますし、寝てしまっていても、少し大きな音がすれば眼が覚めてしまうかもしれません
・マスク:乾燥対策の意味もありますが、車内に漂う色々なニオイ(ビールやおつまみ等の食べ物の匂い、隣の人のきつい香水など)を防ぐのにも有効
・他、ミニブランケット、フェイスタオル、エアクッション、スリッパ(※設置されている場合アリ)なども便利
引用元:note.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
出典:mask.o-oi.net
めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

1、蒸気でリラックスして眠りを誘う
2、使い捨てできる
という点で便利です。

ただし無香料を使わないと周りにも匂いが……
出典:www.ring-g.co.jp
ソフトで快適なフィット感の発泡ウレタン製使い捨て耳せん

安眠用にも使えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者