2016年07月06日更新
ライフハック 旅の知恵 雑学

海外でそのジェスチャーは危険かも!覚えておきたいNGハンドサイン

海外では、言葉だけでは頼りなくジェスチャーやハンドサインを使う事もあります。しかし、日本で行っていたハンドサインが、海外では全く違った意味になることも。思わぬトラブルに巻き込まれないために知っておきたいものです。

27747
0

海外でそのジェスチャーは危険かも!覚えておきたいNGハンドサイン

画像を拡大

覚えておきたいNGハンドサイン

出典:news.livedoor.com

写真などを撮るときはピースサインを。良い事があればグッドサインを。承認するときはオッケーサインを。

日常生活でよく使いがちなそのジェスチャーも、海外では違った意味になってしまうものがあるので注意が必要です。

ピースサイン

画像を拡大

ピースサイン

出典:appwoman.jp
ギリシャではタブー!ピースサインは侮辱を意味することになるので注意が必要。

引用元:corobuzz.com(引用元へはこちらから)
日本で、当たり前に使っている、ハンド・サイン、ジェスチャーが時に、とんでもない誤解を招きます。知らなかったでは済まされないことも。。

引用元:www.withjetstream.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

裏ピースサイン

画像を拡大

裏ピースサイン

出典:travelpress.jp
イギリス、オーストラリアでは性的な表現を意味し、相手を揶揄・侮辱といった危険な仕草になります。

引用元:corobuzz.com(引用元へはこちらから)

ブーイングサイン

これはある種日本でも同じですね。アメリカやイギリスなどでも侮辱の仕草になります。

引用元:corobuzz.com(引用元へはこちらから)

中指を立てる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者