2016年07月06日更新
病気 健康 生活の知恵

右だけの肩こりに悩んでいない?...それは病気かも

長時間パソコンを使う、デスクワークをする、荷物を決まった側で持つなど、仕事や普段の動作も、肩こりの原因になりますよね。ただ、片方の肩だけがこる、いつも同じ方の肩が痛いくらいこるという場合には、単なる肩こりでは済ませられないかもしれません。

8024
0

いつも右肩だけこるのは体からのSOS!?

出典:www.kubikata-sukkiri.jp
右だけの肩こりに悩んでいない?
パソコンやデスクワーク、家事などで肩がこっていると感じている人はその痛みがいつも同じ側からではありませんか?通常肩こりが起きる原因は疲労からが多いのですが、いつも同じ側にこりを感じる人は体が危険な状態にあるサインなのかも。

単なる肩こりと注意すべき肩こりの見分け方

出典:nomura-shinkyu.com
右肩がこる=肝臓のトラブルとは限りません。単なる肩こりでも放置しておけば、こりが広がり体のあちこちに痛みが出ます。

肩こりは簡単な方法で解消できますが、病気が原因で起きている肩こりは肩こり解消法では対処しきれません。ここのところの見分け方も覚えておくと役に立つかもしれませんね。


引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

単なる肩こり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肩こりは筋肉疲労や血行不良が原因となっていますので、姿勢を変えて筋肉にかかる負担を減らし患部を温める事で血行不良も改善され、こりや痛みも和らぎます。

筋肉疲労がひどい場合は湿布を貼り炎症を鎮めるのも効果的です。マッサージ器でこりをほぐせば痛みも和らぎこりもほぐれます。

肩こり解消法で痛みがコリが解消されれば、単なる肩こりと判断できます。

引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

注意すべき肩こり

肝臓からのSOSサインによる肩こりの場合は、右肩だけに症状が出るのも見分けるポイントの一つですが、すぐに肝臓のトラブルとは考えない人も多いでしょう。

一通り肩こり解消法を試しても全く症状が改善されない時、多少は楽になったように感じるがすぐぶり返し長引くような場合は、注意すべき肩こりと判断できます。

引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

肝臓に負担をかけてしまう要因はたくさん!

肝臓はまたの名を「沈黙の臓器」と言います。肝臓に何らかのトラブルが起きたり、病気になったりしていても、初期症状が出ない事からこう呼ばれています。右肩だけの肩こりという症状が出た場合は、症状が進行していると考えられます。

肝臓を悪くするのはお酒の飲みすぎと思われていますが、お酒を飲まないからと安心はできません。

どんなことが肝臓を疲れさせてしまう行為なのでしょうか?

引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

アルコールの摂り過ぎ

毎日お酒を飲む人は肝臓がアルコールを毎日せっせと分解している状態なので、飲まない人より確実に肝臓を酷使しているといえます。

アルコールは肝臓で分解・吸収され、中性脂肪などに変えられてエネルギー源として身体の各細胞に送られます。不要な分は炭酸ガスと水になって体外に排出されます。

こうした肝臓の働きがおいつかなくなることで、様々な肝臓への障害がうまれてしまいます。
引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

食べ過ぎ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肝臓は胃や腸で吸収された栄養を貯蔵し、体内で使うために変換したり合成したりする働きを持っています。食べ過ぎて栄養をとりすぎてしまうと、肝臓は普段より余計に働かなければならなくなります。特に高脂肪の食事は肝臓を疲れさせてしまいます。

引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

睡眠不足

肝臓には人が活動をするためのエネルギーが蓄えられています。睡眠不足の状態は、休養せずに活動し続けることになり、肝臓に蓄えられたエネルギーを使い続けることで肝臓を酷使していることになるんです。

引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

薬の服用

肝臓は薬やアルコールの分解や解毒を行っています。薬は身体に起きている不調を抑えるために服用するものですが、その成分がずっと身体の中にとどまっていると、強く効きすぎてしまったりして思わぬ副作用を起こしてしまう可能性があります。

引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

添加物や甘い物の食べ過ぎ

インスタント食品やファストフードに含まれる食品添加物も、肝臓がフィルターの役目をしているから普通に食べられるのです。

甘い物の食べすぎが体に良くないというのは、太るからという理由の他に肝臓に負担をかけるからという理由もある事を覚えておきましょう。
引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他にもこんな病気の可能性も・・・

心臓病・心筋梗塞

出典:coconutjapan.jp
心臓病・心筋梗塞
肩の痛み、凝りがつづいており、腕を動かしたり、体位を変えると痛みが増強するようだ、というのであれば、「心筋梗塞後症候群」といわれている状態

引用元:www.jhf.or.jp(引用元へはこちらから)
左側の肩や背中が凝る・胸にかけての痛みがでたり、また、左手の小指が痛くなったり・重だるくなることがあります。

引用元:www.marufooku.com(引用元へはこちらから)
左胸や左肩のみが痛む肩こりの場合、心臓病から来ている可能性があります。

引用元:health-to-you.jp(引用元へはこちらから)

胃腸・肝臓

出典:www.cryp942.com
胃腸・肝臓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者