2016年07月06日更新
ライフハック 暮らしの知恵 雑学

食べ続けたら死の危険!身近にある危険添加物食品

インスタント食品がカラダに悪いことはあなたはご存知だと思いますが それ以外にも普段食べているものにいっぱい危険なものがあるってご存知ですか? これだけの危険なものが許されているのは日本だけです。

46664
0
出典:kinarino.jp
スーパーのお惣菜売り場で見られるレンコンの酢の物や
鮮魚売り場でお刺身と一緒になっている大根のツマ、
純白ともいえるような白さのことがあります。


次亜塩素酸ソーダで殺菌しています。

次亜塩素酸ナトリウムは、野菜や果物、刺身のツマなど
流通段階で多用されている漂白殺菌剤で、

「大手スーパーから、漬物は必ず次亜塩素酸ナトリウムで殺菌するように言われています」お気に入り詳細を見る
食品スーパーの必需品、「野菜漂白剤」


ある化学薬品メーカーのパンフレットに、野菜などに
使用される食品添加物が次の様に紹介されているそうです。

「食品添加物グレード次亜塩素酸ナトリウム6%の殺菌漂白剤です。

スーパーマーケットの食品加工業者、食品工場、レストラン、
ホテルの厨房など微生物が繁殖しやすい場所のサニテーションに
確実な効果を発揮します。

特に、まな板、調理器具、ふきんなどの漂白殺菌と
野菜、果物、刺身のツマなどの殺菌に最適です」

この殺菌剤は300~600に希釈して野菜を浸しますが、
「スーパーで使っていないところはないのでは」

有機でないじゃがいも

出典:831net.jp
じゃがいもを効率よく低コストで大量生産するにはね ムシやカビや病気の発生を防ぐための農薬だけでなく 収穫直前に茎や葉の地上部分を枯らせる除草剤(枯凋剤)を大量に散布したり 出荷後に芽が出るのを防ぐために発芽防止剤を使用したり放射線照射をしなくちゃいけない

コンビニのおにぎり

出典:www.seoulnavi.com
コンビニおにぎりは、米と水だけで炊くのではなく、米と炊飯油、pH調整剤、保存料、シリコンなどが使われています。
たっぷりの保存料がなければ、おにぎりは、1日で堅くなってしまい、賞味期限を2日~3日伸ばすことはできないでしょう。
pH調整剤

「pH調整剤」という表示がありますが、これが保存料の代わりになっています。pH調整剤は、酢酸やクエン酸などの酸がほとんど。お酢でもわかるように、酢には殺菌効果があります。そのため、保存性を高めることができるのですが、酢のなかには、口や胃の粘膜を刺激するものがあります。また、グリシンも保存性を高める働きがあります。グリシンはアミノ酸の一種で、味付けの目的でも使われます。アミノ酸なので安全性は高いはずですが、鶏やモルモットに大量にあたえると、中毒を起こして死亡することもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

缶詰みかん

出典:dmall.jp
みかんの皮を綺麗にむいて、房まできれいにして食べるのは
結構手間がかかります。

余程器用でないと、あんなにきれいな粒にはできないでしょう。

一体どのようにしているのでしょうか?
実は、塩酸という薬品を使って効率よく皮を溶かしているのです。

塩酸の中にみかんを投入すると、甘皮の成分であるセルロースが
加水分解されて水溶性となり、甘皮が綺麗に溶けてしまいます。

この時に圧力をかけながら塩酸を浸透させると、
粒と粒をつないでいるセルロースまで分解され、
ツブツブ飲料に含まれているツブツブみかんが出来上がります。

実際の工場では、0.3%ほどの塩酸がシャワー状に降り注ぎ、
その下をローラーで回転させたみかんを数時間くぐらせて
丁寧に甘皮を溶かします。

その後、0.7%の水酸化ナトリウム溶液で2,3時間中和して
残留している塩酸を完全に除去し、シロップで煮てから缶詰されます。

コンビニのおでん

出典:matome.naver.jp
コンビニおでんは鰹(かつお)や産地の昆布出汁(こんぶだし)をうたっていますが、申し訳程度で下味の際には大半は食品添加物の味なのです。経験のないアルバイト店員でも扱えるように、業者が予め下味を付けた冷凍の具を店で解凍します。また濃縮された食品添加物主体の液を、店の湯で薄めるだけです。
コンビニおでんや練り物の怖さは液だけでなく、原料の製造時・加工時・調理時に、食品添加物が別々の業者によって多量に入れられており、量や表示が把握されていないことです。すり身の魚は主にスケトウダラで、外国船の船上ですり身の処理を施します。そのため魚の管理や保存料のソルビン酸・増量剤の食品添加物の種類や量が不明で、不安視されます。国内の練り物のほとんどが、こうした輸入品です。

ノンオイルドレッシング

出典:item.rakuten.co.jp
通常のサラダドレッシングは、お酢と植物由来の油がバランスよく混ざり合うことで作られている。ノンオイルにするとそのバランスが壊れてしまうので、“自然”に見えるように糖質由来の乳化剤やその他にも化学物質が加えられているようだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者