【コロナ対策】文科省 登下校中のマスクは熱中症の危険性 傘さし登下校を推奨する学校も

気温も上がってくるこれからの季節、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのマスク着用について熱中症の危険性が問題視されています。 文部科学省は22日に公表したマニュアルで「熱中症リスクが高ければ外して」と発表しましたが、現在でもマスクの着用を原則とする学校が多いです

66
0

暑い日の登下校中のマスクは熱中症の危険性

新型コロナウイルス感染拡大防止のために着用するマスクですが、これからの季節、登下校中のマスク着用には熱中症の危険性があるとする声が相次いでいます。
文部科学省も22日、「熱中症リスクが高ければ外して」と発表していますが、いまだにマスク着用を原則とする学校が多いとのことです。

生徒同士の距離確保のため「傘さし登下校」も

熱中症のリスクを受け、愛知県豊田市立童子山小学校の野田靖校長は、5月27日から傘をさしての登下校を始めました。
傘をさすと直射日光を遮断することができるほか、自然と生徒同士の距離が確保できると考えました。

SNSの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者