2016年07月06日更新
予防接種 赤ちゃん ワクチン

予防接種、上手なスケジュールの立て方とは?

赤ちゃんが産まれたら、予防接種を受けましょう。 スケジュールを立てる前に知りたいこと、上手なスケジュールの立て方をまとめました。

992
0

予防接種はスケジュールが大事

赤ちゃんが産まれたら予防接種で赤ちゃんを病気から守りましょう。
とはいえ、ワクチンの種類がたくさんあり、どれからどのように受けたらいいか困ってしまうお母さんも多いはず!
そこで、スケジュールを立てる前に知っておきたい事と、上手なスケジュールを立てるポイントをまとめてみました。

定期接種? 任意接種?

画像を拡大

予防接種には「定期接種」と「任意接種」があります。

出典:www.unicharm.co.jp
「定期接種」とは、国が「一定の年齢になったら、受けるように務めなければいけない」とし、感染力が強く、予防の必要性が高いものです。決められた期間内なら、基本的に無料で受けられますが、自治体によっては有料のところもあります。万が一、重い副反応が出てしまった場合も、予防接種と副反応の因果関係が認められれば国から保障が受けられます。
引用元:www.unicharm.co.jp(引用元へはこちらから)
「任意接種」は、希望者が個別に病院へ行って受けるもの。基本的には費用は自己負担になりますが、自治体によっては助成金が出るところもあります。
引用元:www.unicharm.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

でも、任意接種だからといって、受けなくても大丈夫(軽いVPD)というわけではありません。任意接種であっても、重い後遺症を残したり、死亡したりするVPDであることに違いはありません。
引用元:www.know-vpd.jp(引用元へはこちらから)

定期接種だけでなく、任意接種もできるだけ受けられると安心ですね。

生ワクチン? 不活化ワクチン?

画像を拡大

ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあります。

出典:www.minato-med.or.jp

生ワクチン…ロタウイルス、BCG、MR、おたふくかぜ、みずぼうそうなど

生ワクチンは生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、これを接種することによってその病気にかかった場合と同じように抵抗力(免疫)ができます。
引用元:www.koizumi-shigeta.or.jp(引用元へはこちらから)

不活化ワクチン…B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、三種混合、ポリオ、日本脳炎など

不活化ワクチンは、細菌やウイルスを殺し抵抗力(免疫)をつくるのに必要な成分を取り出して毒性をなくして作ったものです。
引用元:www.koizumi-shigeta.or.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者