2017年11月07日更新
アニメ 映画 子供

子供に見せたいアニメ映画「ブレンダンとケルズの秘密」をご紹介。

アンリ・マチス、宮崎駿、アニメーションスタジオ、ユナイテッド・プロダクションズ・オブ・アメリカのミニマルな作品を彷彿とさせるアニメ映画、「ブレンダンとケルズの秘密」をご紹介します。

52
1

ブレンダンとケルズの秘密

解説

9世紀にアイルランドの修道士によって作られたアイルランドの国宝である福音書、ケルズの書。同書を巡る少年修道士の冒険を描くファンタジー・アニメーション。アカデミー賞長編アニメ賞候補にもなった『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』のトム・ムーア監督のデビュー作で、中世絵画にならい、現代的な遠近法を排除した映像で描かれている。
引用元:movie.walkerplus.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ブレンダンとケルズの秘密

出典:eiga.com
2015年に発表した長編監督第2作「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」が第87回アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされ、同作が16年に日本でも劇場公開されて注目を集めたトム・ムーア監督が、09年に手がけた監督デビュー作。今作も第82回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネートされている。
引用元:eiga.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ブレンダンとケルズの秘密

出典:eiga.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画のストーリー

9世紀のアイルランド。ケルズ修道院ではバイキングの襲来に備え、周囲の塀を作る大規模な工事が続いていた。ここで暮らす12歳のブレンダン(声:エヴァン・マクガイア)は、赤ん坊の時に親をバイキングに殺され、おじであるケルアッハ修道院長(声:ブレンダン・グリーソン)に育てられてきた。ブレンダンは修道院を出ることを院長に禁じられているが、外の世界への好奇心を押さえることができないでいた。そんなある日、バイキングに襲われたスコットランドのアイオナ島から高名な修道士エイダン(声:ミック・ラリー)が、一冊の『聖なる書』を携え逃れて来る。
引用元:movie.walkerplus.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ブレンダンとケルズの秘密

出典:eiga.com
その本には隠された知恵と力が秘められていた。本を完成させるためブレンダンは、インクの原料となるある植物の実を探しに不思議な生き物が隠れ住む魔法の森へと向かう。オオカミの妖精アシュリン(声:クリステン・ムーニー)の助けを得て、ブレンダンは無事に実を持ち帰るが、バイキングの襲来がケルズにも迫っていた。ブレンダンは本の力によって迫りくる闇を打ち砕き、世界に光を取り戻すことができるのか……。
引用元:movie.walkerplus.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ブレンダンとケルズの秘密

出典:eiga.com

スタッフ

監督トム・ムーア
共同監督ノラ・トゥーミー
製作ポール・ヤング
原案トム・ムーア
脚本ファブリス・ジョルコウスキー
引用元:eiga.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ブレンダンとケルズの秘密

出典:eiga.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者