2017年11月17日更新
クリスマス アニメ 映画

クリスマスに親子で観たいアニメ映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』

ハロウィンタウンの「カボチャ大王」ジャックは、偶然迷いこんだクリスマスタウンの楽しい光景に、すっかり魅せられてしまう。彼を思うサリーの心配をよそに、ジャックはハロウィン風クリスマス計画に没頭する・・・。ちょっと面白いアニメキャラ♪原題「The Nightmare Before Christmas」

178
1

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

隣の芝生のような感じかもしれないと思いました。やはり、ないものねだりなんでしょうかね。

でも、一生懸命真似てクリスマスを作る姿が面白く、その純粋さが感動を誘います。

丸顔の骸骨の王様ジャック(ハロウィンキャラ)たちが作るクリスマスを、お子さんと一緒に見るのもいい

かもと思います。

解説

クリスマスの国に憧れるハロウィンの王様ジャック、彼に密かに想いを寄せるツギハギ人形のサリー、彼らを取り巻くちょっと不気味でユニークな仲間たち……。美しい映像と音楽でつづられる究極のラブ・ファンタジーだ。同時上映の短編『ヴィンセント』『フランケンウィニー』もバートン・ワールドの原点とも言うべき傑作。
引用元:movies.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(原題:The Nightmare Before Christmas)は、1993年公開のミュージカルアニメーション映画。原案・原作はティム・バートン。同タイトルの絵本や漫画も日本で出版されている。題名はアメリカでよく知られる詩『サンタクロースがきた』(ナイト・ビフォア・クリスマス)にちなむ。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハリーハウゼンの流れを汲む従来の伝統的ストップモーション・アニメーション技法に加え、最新のデジタル映像技法を取り入れ製作されている。ファンタジー色とホラーティックな世界観がよくマッチングした異色の作風は、ティム・バートンらしい個性のあるキャラクターと共に、この映画の大きな魅力となっており、公開から時間が経ってからも根強いファンを獲得している。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの原型はティム・バートンがディズニーのアニメーターとして働いていた頃に書いた詩である。 バートンはこの詩を書いた理由について、ドクター・スースの絵本『いじわるグリンチのクリスマス(原題:How the Grinch Stole Christmas!)』を正反対にしたストーリーを思いついたことがきっかけだったと語っている。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

あらすじ

「ハロウィン・タウン」の住人達は怖いことや、人を驚かせることが大好き。その日は丁度「ハロウィン」当日、住人達は大盛り上がり。だが、「ハロウィン・タウン」のパンプキン・キング、ジャック・スケリントンは、毎年毎年同じことの繰り返しでしかない単調な「ハロウィン」に虚しさを感じていた。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者