2017年06月28日更新
妊婦 妊娠 雑誌

【赤ちゃんとママになるための準備】おすすめする”マタニティ雑誌”とは?

妊娠がわかったら不安なことや知っておかないといけないことがいっぱい。 初めての妊娠であれば、なにをどうしたらいいのかわからないですよね。 そんな方へ、赤ちゃんとママになるための準備ができる、マタニティ雑誌をご紹介!

393
0

■赤ちゃんのため、ママになるための準備をしよう

妊娠がわかったら不安なことや知っておかないといけないことがいっぱい。
初めての妊娠であれば、なにをどうしたらいいのかわからないですよね。

現代はネット社会なので、ネットで調べる方も。
その中で「ネット上の情報は、なんだか不安…」と感じる方も多いのでは?

そんなときはマタニティに向けた雑誌がオススメ!

赤ちゃんのことだけでなく、妊婦に向けた情報が詰まっています。
さらに、お得な付録が付いていたりするのでそこも大きなポイントですね。

そもそも、妊婦さんに向けた雑誌ってどんなものがあるのかわからない。
そんな方へ、妊婦さんに向けた雑誌をご紹介!

1)たまごクラブ

たまごクラブには、4つの種類があります。

■初めてのたまごクラブ
 <妊娠したらまずはこの本から。妊娠初期~4カ月頃までの必要な情報を掲載。>

■たまごクラブ
 <妊娠・出産に戸惑うママたちに向け、妊娠生活をサポート。>

■ひよこクラブ
 <離乳食の進め方、病気のホームケアなど役立つ情報を掲載し、育児生活をサポート。>

■1才2才のひよこクラブ
 <1才2才の子育てがわかる本>

初めてのたまごクラブ

画像を拡大

2017年夏号
――――――
650円(税込)
――――――
「初めてのたまごクラブ」には一冊に必ずマタニティマークグッズが付いています。
たまごクラブだけのデザインで、厚生労働省認定のマタニティマークグッズ。

出典:tamahiyo.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

たまごクラブ

画像を拡大

2017年7月号
――――――
680円(税込)
――――――
妊娠や出産には必要な情報がたくさんあります。
たまごクラブはそんな戸惑うママたちを強力サポート。
2017年今月号の7月号は、「初めての出産」と「産後1週間の入院生活」について。
お産に向けての最高の準備を整えよう!

出典:tamahiyo.jp

2)妊すぐ

画像を拡大

2017年7月号
――――――
570円(税込)
――――――
「妊すぐ」は「妊娠したらすぐ読む本」をコンセプトにリクルートホールディングスが季刊発行している。

2017年7月号の今月号は…
知らないと損してしまう、妊娠出産での「手続き・届出」や「もらえるお金」など。

さらに、「妊娠期の食べていいものダメなもの」など、携帯できるミニサイズなので、外食時にも持ち運びやすい!

出典:akasugu.fcart.jp

3)赤すぐ

画像を拡大

2017年7月号
――――――
470円(税込)
――――――
「赤ちゃんとの生活をもっと楽しみたい」というママ・パパの応援をするお買い物マガジンです。かわいいマタニティ服やおしゃれな商品があり、通販することが可能なので、準備にも◎

出典:www.fujisan.co.jp

4)Pre-mo

画像を拡大

2017年夏号
――――――
470円(税込)
――――――
「生まれてくる赤ちゃんのためにどんなものを用意したらいいのか?」をすべて教えてくれる、出産準備マガジン。
季刊紙なので、内容がぎっしり詰まっているので、ママになる方の強い味方となってくれます。

出典:millymilly.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者