2017年05月24日更新
エキノコックス 寄生虫 キツネ

【脅威】とっても注意が必要なエキノコックスって!?肝機能障害にもつながっちゃう!?関連まとめ

5/24に放送されたテレビ番組で「エキノコックス」が紹介されツイッターで話題となっています。関連情報やツイッターの反応をまとめています。 #エコノキックス#寄生虫

221
0

エキノコックスってなに!?

エキノコックス症(エキノコックスしょう)とは、寄生虫の1種であるエキノコックスによって人体に引き起こされる感染症の1つである。包虫症(ほうちゅうしょう)などとも呼ばれる。
発生原因となるエキノコックスとは、扁形動物門条虫綱真性条虫亜綱円葉目テニア科エキノコックス属に属する生物の総称である。区分すると、単包条虫 Echinococcus granulosus による単包性エキノコックス症と多包条虫 Echinococcus multilocularis による多包性エキノコックス症がある。単包性エキノコックス症は牧羊地帯に好発し、日本においては輸入感染症として認知されている。
原因は、キタキツネやイヌ・ネコ・タヌキ等の糞に混入したエキノコックスの卵胞を、水分や食料などの摂取行為を介して、ヒトが経口感染する事によって発生するとされる、人獣共通感染症である。卵胞は、それを摂取したヒトの体内で幼虫となり、おもに肝臓に寄生して発育・増殖し、深刻な肝機能障害を引き起こすことが知られている。肝臓癌と誤診され外科手術時にエキノコックス症と判明することもある[1]。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ツイッターの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者