2017年06月28日更新
堂本剛 突発性難聴 とは

【kinki kidsニュース】堂本剛さんが突発性難聴で入院…難病!?回復率はどれくらい!?

6/28、人気ジャニーズグループ「kinki kids」の堂本剛さんが、突発性難聴のため入院。Twitterではその体調を心配する声が多く上がっています。早期治療が大事な突発性難聴。その概要をまとめています。 #突発性難聴#堂本剛#症状#回復#入院

113
0

堂本剛さん突発性難聴で入院

人気デュオ「KinKi Kids」の堂本剛さん(38)が、突発性難聴のため入院したことが28日、分かった。

 同日、生放送されたテレビ東京の歌番組「テレ東音楽祭2017」で、コンビを組む堂本光一さん(38)が明らかにした。番組出演を取りやめた剛さんについて、光一さんは「大事を取って、1週間入院することとなりました」「元気なのは元気ですけど、歌うのもままならない状況」と説明した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

突発性難聴って???

突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)とは、ある日突然に耳が聞こえない状態に陥る症状です。
引用元:xn--o9j592picar41ae8dgva.com(引用元へはこちらから)
突発性難聴は1944年 De Kleynにより初めて報告された[1]。突然に原因不明な内耳性の感音性難聴が発症する疾患である[2][3][4]。
発症は突然であり、患者は難聴になった瞬間を語ることができるほど突発的である(たとえば「朝、起きたら」とか、「図書館に行く前はなんともなかったのに、図書館から帰ってきたら聞こえが悪くなっていた」とかである)[2][5]。しかし、ある程度の時間をかけて徐々に難聴が進んだようなケースは突発性難聴とはされない[2]。随伴症状として耳鳴りや耳閉憾を伴うことが多く、半数程度の患者は発症の瞬間には強いめまいを伴う[4][6][7]が強いめまいは1回だけであり、強いめまいを繰り返したらほかの疾患の可能性を考える。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

治療方法

一般的な治療は、安静にすることとステロイド(副腎皮質ホルモン)の投与です。ステロイド(副腎皮質ホルモン)は内耳に生じた炎症を抑える効果があります。
これに加えて、血管を拡張して内耳の循環を良くする「血管拡張薬」や、血液の流動性を高めて血流を良くする「血液粘度低下薬」、末梢神経の障害を改善するビタミンB12を補う「ビタミン薬」などをあわせて使われます。
引用元:hochouki.senior-anshin.com(引用元へはこちらから)
個人差はありますが、1週間~1ヶ月間は投薬による治療が必要になります。完治するまでの期間は、発症から治療を開始するまでの期間や症状の内容によります。
必ずしも入院しての治療ではありませんが、症状によっては入院治療の可能性もあります。
引用元:hochouki.senior-anshin.com(引用元へはこちらから)

大事なこと

正確な診断と適切な早期治療が極めて重要です。症状を自覚した場合は速やかに設備の整った病院や耳鼻咽喉科専門医の診断を受けることが必要です。一般的には発症してから、つまり聞こえなくなったと自覚した時点から、約48時間以内に適切な治療を開始すれば治療により聴力が改善する方が多く、1週間を超えると、治療をしても改善が困難な場合が多いようです。また、1か月あるいはそれ以上経過していると、きわめて治療困難と考えられています。つまり、治療開始が早ければ早いほど、その後の症状に大きな差異が出るとの考えがあります。
引用元:eonet.jp(引用元へはこちらから)
現在、突発性難聴が完治する確率は約30%であると言われています。早く治療を開始することができれば、それにつれて完治する確率もあがります。
引用元:teru-saishin.com(引用元へはこちらから)

Twitterの反応

まとめ作者