2016年07月06日更新
出産手当 妊娠健診 一時金

【必見】妊娠・出産までの費用ともらえる手当、出産育児一時金など

妊娠は「病気ではない」として、基本的には全額自己負担です。妊娠初期から出産に至るまでにかかるにいろいろなところでお金がかかります。世帯主に出産育児一時金が支給されることともらえる手当についてをまとめてみました。

2912
0

妊娠・出産までの費用

念願の妊娠が判明!嬉しさと同時に、不安を感じる瞬間なのだ。転機にはお金が必要だから、妊娠初期から出産に至るまでにかかる費用やもらえるお金は、調べておきましょう〜^^

妊娠は「病気ではない」! 

普通の妊娠は「病気ではない」として、基本的には全額自己負担です。1回当たり5千~1万円程度かかります。
引用元:www.47news.jp(引用元へはこちらから)

■妊娠判明、まず知っておきたいこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊婦健診は、全ての自治体で14回まで無料で受けられる。ただ初回の診察は、妊娠判定をしてもらうので、自費診療となる。

また健診票に書かれている項目以外の診察や検査も自己負担となる。「それらを考えても、実質的にかかる費用は2~3万円です」。出産については、出産育児一時金で、分娩費用の大半をまかなうことができる。

1. 妊婦健診

妊娠が分かってから出産までの間は、定期的に健診に通う必要があります。
妊婦健診の頻度はだいたいこのくらい。基本的に自己負担なので助成金が大事になります。

妊娠初期~12週まで:4週間に1回程度
妊娠13週~23週まで:4週間に1回
妊娠24週~35週まで:2週間に1回
妊娠36週~出産まで:1週間に1回

子育て支援制度(金銭面でのサポート)

日本では、妊娠・出産にかかる費用はすべて自費で行われてきました。「妊娠したかも?」と病院に行き、本当に妊娠していたら、その時からすべて診察費用は自己負担になります。

妊婦検診とは?

少子化対策の一環として、妊婦健診の費用を助成しようということになり、国から地方自治体に予算が下りるようになりました。国の声がけで「全国一律無料化」を叫んだ割には、地域によってかなりの格差があるのが現実です。「無料化になった」ということだけで安心せず、住んでいる自治体ではどの程度の助成が行われているのか、事前に調べておきましょう。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
普通の健診で5000円~8000円程度、採血など特別の検査がある場合には、2万円以上もかかることもあり、妊娠前期、後期と2回行われます。ちなみに、日本では分娩費用もすべて自費ですから、トータルすると健診だけで10万円以上
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者